HOME > 未来に語り継ぎたい名馬 > ナリタブライアン

シャドーロールの怪物
ナリタブライアン

ナリタブライアン

1994年 日本ダービー

1991年5月3日生 牡 黒鹿毛
父 ブライアンズタイム
母 パシフィカス(父 Northern Dancer)
馬主/山路秀則氏
調教師/大久保正陽(栗東)
生産牧場/早田牧場新冠支場(北海道・新冠町)
通算成績/21戦12勝
主な勝ち鞍/94有馬記念(GI)
       94菊花賞(GI)
       94日本ダービー(GI)
       94皐月賞(GI)      
       93朝日杯3歳S(GI)
       95・96阪神大賞典(GII)
       94スプリングS(GII)
       94共同通信杯4歳S(GIII)
馬名の由来:冠名+父名の一部

40代からの票が目立つ

●黒い馬体に白のシャドーロール、重心を落として走る姿は究極のサラブレッドである(40代・男性)
●絶対的三冠馬に死角はありませんでした。"勝敗"でなく"勝ち方"に注目したクラシックでした(30代・男性)
●マヤノトップガンとの壮絶な阪神大賞典は今見ても感動(30代・男性)
●三冠レースでの「3馬身半、5馬身、7馬身」の圧勝劇。本当に強かった!(50代・男性)
●彼こそ私の競馬の師匠(30代・男性)

ただ自己の能力を披露し続けた 孤高のヒーローと言える存在

「ナリタブライアンに名勝負なし」
 引退した直後、そんな記事を書いたことがある。当然、異論、反論があちこちから寄せられた。
「あれだけの名馬に名勝負なしとは偏見ではないか」
「阪神大賞典があるだろう」
 ナリタブライアンは阪神大賞典を2度勝っているが、ここで指摘されたのはマヤノトップガンとのマッチレースを制した時の2度目の勝利のことである。たしかに、4コーナーから2頭だけでびっしり競り合い、アタマ差で勝ったレースぶりは、大接戦だった。
 しかし、敗れたマヤノトップガンの田原成貴騎手はのちに「あれは名勝負でもなんでもない」といった意味の発言をしている。本調子のナリタブライアンなら、自分の馬は問題にされなかったろうということなのだろう。
 ナリタブライアンは3歳時に三冠に加えて有馬記念を勝ち、4歳になった最初のレースである阪神大賞典も圧勝した。しかし、その後、股関節の故障で長く休養し、秋に復帰したものの天皇賞・秋も有馬記念も勝つことができなかった。復帰後はじめて勝ったのが2度目の阪神大賞典だったが、その勝利は、マヤノトップガンの健闘があったとはいえ、前年の圧勝とはほど遠く、復活はまだまだということを感じさせた。この勝利はナリタブライアンの最後の勝ち鞍になった。
 だから「ナリタブライアンに名勝負なし」という自分の見立ては今も誤っていないと信じている。
 勝つときは圧勝で、負けるときはあっけない。ナリタブライアンはライバルたちと競うというより、自分のその時々の能力を示すことだけに関心のあった馬ではなかったか。レースというよりタイムトライアル。いつも独歩行というのが彼のスタイルだった。
 皐月賞3馬身2分の1、ダービー5馬身、菊花賞7馬身。三冠レースではどんどん差を広げていった。相手など関係ない。勝てばいいのだというのとも違う。勝負には無関心で、能力を披露することにだけ関心がある。
 同時代の馬の中で圧倒的な性能を誇示しながら、ついに競う相手、ライバルには巡り合うことができなかったナリタブライアンは孤高のヒーローとでも呼べるかもしれない。
(文=阿部珠樹)

映像 日付 開催 R レース名 距離 芝・ダート 馬場状態 頭数 馬番 人気 着順 タイム 騎手 上り3F 1(2)着馬
1993. 8.15 函館 5 新馬 1200 8 8 2 2 1.13.7 南井克巳 37.3 ロングユニコーン
1993. 8.29 函館 5 新馬 1200 9 6 1 1 1.12.8 南井克巳 37.4 (ジンライ)
1993. 9.26 函館 10 函館3歳S 1200 9 5 2 6 1.14.9 南井克巳 39.6 マリーゴッド
1993.10.24 福島 9 きんもくせい特別 1700 8 3 1 1 1.43.1 清水英次 36.0 (ランセット)
1993.11. 6 京都 11 デイリー杯3歳S 1400 15 6 2 3 1.22.7 南井克巳 35.1 ボディーガード
1993.11.21 京都 7 京都3歳S 1800 8 6 1 1 1.47.8 南井克巳 34.6 (テイエムイナズマ)
1993.12.12 中山 11 朝日杯3歳S 1600 14 8 1 1 1.34.4 南井克巳 35.7 (フィールドボンバー)
1994. 2.14 東京 10 共同通信杯4歳S 1800 10 2 1 1 1.47.5 南井克巳 35.1 (アイネスサウザー)
1994. 3.27 中山 11 スプリングS 1800 10 2 1 1 1.49.1 南井克巳 35.6 (フジノマッケンオー)
1994. 4.17 中山 10 皐月賞 2000 18 1 1 1 1.59.0 南井克巳 35.8 (サクラスーパーオー)
1994. 5.29 東京 9 日本ダービー 2400 18 17 1 1 2.25.7 南井克巳 36.2 (エアダブリン)
1994.10.16 阪神 11 京都新聞杯 2200 10 6 1 2 2.12.2 南井克巳 34.5 スターマン
1994.11. 6 京都 10 菊花賞 3000 15 4 1 1 3.04.6 南井克巳 34.3 (ヤシマソブリン)
1994.12.25 中山 9 有馬記念 2500 14 11 1 1 2.32.2 南井克巳 34.8 (ヒシアマゾン)
1995. 3.12 京都 11 阪神大賞典 3000 11 1 1 1 3.08.2 南井克巳 33.9 (ハギノリアルキング)
1995.10.29 東京 10 天皇賞(秋) 2000 18 7 1 12 1.59.4 的場均 35.7 サクラチトセオー
1995.11.26 東京 10 ジャパンカップ 2400 15 3 1 6 2.25.3 武豊 35.4 ランド
1995.12.24 中山 9 有馬記念 2500 12 8 2 4 2.34.1 武豊 35.6 マヤノトップガン
1996. 3. 9 阪神 11 阪神大賞典 3000 10 2 2 1 3.04.9 武豊 34.5 (マヤノトップガン)
1996. 4.21 京都 10 天皇賞(春) 3200 16 4 1 2 3.18.2 南井克巳 35.5 サクラローレル
1996. 5.19 中京 11 高松宮杯 1200 13 5 2 4 1.08.2 武豊 34.2 フラワーパーク

BACK