HOME > 未来に語り継ぎたい名馬 > ブエナビスタ

優雅に眺めた名馬の絶景
ブエナビスタ

ブエナビスタ

2010年 ヴィクトリアマイル

2006年3月14日生 牝 黒鹿毛
父 スペシャルウィーク
母 ビワハイジ(父 Caerleon)
馬主/(有)サンデーレーシング
調教師/松田博資(栗東)
生産牧場/ノーザンファーム(北海道・早来町)
通算成績/23戦9勝(うち海外2戦0勝)
主な勝ち鞍/11ジャパンC(GI)
       10天皇賞・秋(GI)
       10ヴィクトリアマイル(GI)
       09オークス(JpnI)
       09桜花賞(JpnI)
       08阪神ジュベナイルフィリーズ(JpnI)
       10京都記念(GII)
       09チューリップ賞(JpnⅢ)
馬名の由来:素晴らしい景色、絶景(スペイン語)

若い女性からの熱烈な支持

●いつも一所懸命な姿に勇気付けられた。競馬を見て初めて泣いた5歳のジャパンC(50代・男性)
●パドックではおしとやかに歩き、レースになるといつも一所懸命な姿が大好き(40代・女性)
●最強牝馬! ルックス、勝負根性、共に素晴らしい名馬です(20代・男性)
●直線の鬼脚と最後まで諦めない姿に感動(40代・男性)
●常に全力で走る姿を見せてくれて、応援するのが楽しかった(40代・男性)

つい呆然としてしまうくらい 安定して強さを発揮していた

 競馬仲間がブエナビスタに出資していた。くまさんだ。この人の馬運は素晴らしく、マイネルラヴやダンスインザムードなど愛馬に多数のGI 勝ちがある。手作りの横断幕を全国のパドックに出して応援を続ける人だから、馬にも競馬の神様にもきっと熱意が伝わるのだろう。
当たり前の姿勢として、くまさんはすべての馬に感謝を忘れない。ただ、その中にあっても「ブエナ」の名前は、とりわけ口にのぼる回数の多い気がする。
「妹も同じなんだけど、耳が長くて美人なの。それに、小さくておとなしいから、とにかく可愛いんだよね」
  自分の孫について語るかのようだ。
  デビュー戦は452㌔、母同様、馬格に恵まれたわけではない。それでも23戦を走り抜き、GI を6勝した。スペシャルウィーク牝馬の最高傑作として、ブエナビスタはシーザリオと双璧をなす。
  くまさんに言われて気づいたのだが、のちに「伝説」と評されたデビュー戦以降、国内では5歳の天皇賞・秋まで、実に19戦連続して1番人気に推された。走ったレースや戦ってきたメンバーを思う時、つい呆然としてしまう。それくらい安定して強かったわけだ。さらにくまさんは言った。「激しいレースを繰り返したのに一度もケガがなかった。あんな丈夫な馬、絶対いないよ」と。
  現役の途中、ジャパンCにおける降着など不運もあった。でもブエナはめげなかった。パドックではイレ込む素振りを少しも見せず、いつも一歩一歩、前だけを見つめて歩いていた。けなげな名牝。筆者は彼女をそうとらえている。
  先日、2番仔が生まれた。「可愛くて丈夫な」ブエナは、次は母として、自らの第二幕について語り始める。
(文=河村清明)

映像 日付 開催 R レース名 距離 芝・ダート 馬場状態 頭数 馬番 人気 着順 タイム 騎手 上り3F 1(2)着馬
2008.10.26 京都 5 新馬 1800 11 4 1 3 1.52.0 安藤勝己 33.5 アンライバルド
2008.11.15 京都 3 未勝利・牝 1600 14 4 1 1 1.34.9 安藤勝己 34.5 (ハッピーパレード)
2008.12.14 阪神 11 阪神ジュベナイルフィリーズ 1600 18 13 1 1 1.35.2 安藤勝己 34.8 (ダノンベルベール)
2009. 3. 7 阪神 11 チューリップ賞 1600 13 5 1 1 1.36.5 安藤勝己 34.7 (サクラミモザ)
2009. 4.12 阪神 10 桜花賞 1600 18 9 1 1 1.34.0 安藤勝己 33.3 (レッドディザイア)
2009. 5.24 東京 11 オークス 2400 18 7 1 1 2.26.1 安藤勝己 33.6 (レッドディザイア)
2009. 8.23 札幌 9 札幌記念 2000 16 11 1 2 2.00.7 安藤勝己 35.1 ヤマニンキングリー
2009.10.18 京都 11 秋華賞 2000 18 3 1 1.58.2 安藤勝己 34.3 レッドディザイア
2009.11.15 京都 11 エリザベス女王杯 2200 18 16 1 3 2.13.9 安藤勝己 32.9 クィーンスプマンテ
2009.12.27 中山 10 有馬記念 2500 16 2 1 2 2.30.1 横山典弘 35.8 ドリームジャーニー
2010. 2.20 京都 11 京都記念 2200 13 13 1 1 2.14.4 横山典弘 33.4 (ジャガーメイル)
2010. 3.27 アラブ首 7 ドバイシーマC 2410 16 10 2 ---- ペリエ DARREMI
2010. 5.16 東京 11 ヴィクトリアマイル 1600 18 11 1 1 1.32.4 横山典弘 33.5 (ヒカルアマランサス)
2010. 6.27 阪神 10 宝塚記念 2200 18 8 1 2 2.13.1 横山典弘 36.3 ナカヤマフェスタ
2010.10.31 東京 11 天皇賞(秋) 2000 18 2 1 1 1.58.2 スミヨン 34.1 (ペルーサ)
2010.11.28 東京 10 ジャパンカップ 2400 18 16 1 2.24.9 スミヨン 33.5 ローズキングダム
2010.12.26 中山 10 有馬記念 2500 16 7 1 2 2.32.6 スミヨン 33.8 ヴィクトワールピサ
2011. 3.26 アラブ首 8 ドバイワールドカップ 2000 ダート 14 13 8 ---- ムーア ヴィクトワールピサ
2011. 5.15 東京 11 ヴィクトリアマイル 1600 17 13 1 2 1.31.9 岩田康誠 34.0 アパパネ
2011. 6.26 阪神 11 宝塚記念 2200 16 8 1 2 2.10.3 岩田康誠 34.5 アーネストリー
2011.10.30 東京 11 天皇賞(秋) 2000 18 5 1 4 1.56.4 岩田康誠 34.7 トーセンジョーダン
2011.11.27 東京 10 ジャパンカップ 2400 16 2 2 1 2.24.2 岩田康誠 33.9 (トーセンジョーダン)
2011.12.25 中山 10 有馬記念 2500 14 1 2 7 2.36.5 岩田康誠 34.1 オルフェーヴル

BACK