HOME > 未来に語り継ぎたい名馬 > メジロマックイーン

史上最強のステイヤー
メジロマックイーン

メジロマックイーン

1990年 菊花賞

1987年4月3日生 牡 芦毛
父 メジロティターン
母 メジロオーロラ(父 リマンド)
馬主/メジロ商事(株)
調教師/池江泰郎(栗東)
生産牧場/吉田堅氏(北海道・浦河町)
通算成績/21戦12勝
主な勝ち鞍/93宝塚記念(GI)
       91・92天皇賞・春(GI)
       90菊花賞(GI)
       91・93京都大賞典(GII)
       93大阪杯(GII)
       91・92阪神大賞典(GII)
馬名の由来:冠名+アメリカの俳優スティーブ・マックイーンより

世代、性別に偏りのない支持

●マックイーンの血は母の父となって開花。後を継ぐ馬の活躍をこれからも見守り、友と語りたい(40代・男性)
●「距離万能の名馬」が少なくなり、カテゴリーごととなった今、それを体現した名馬を考えるとマックイーンかなと思いました(30代・男性)
●強く逞しい走りはどの名馬にも勝る。父仔3代の天皇賞優勝は歴史に残る快挙であり、それにこだわったオーナーの思いにも感銘を受けた(40代・男性)

歴代ナンバーワンのスタミナと 半端ではない抜群の安定感

 ダービーの時期にはまだ500万条件で負け続けていたメジロマックイーン。しかし、秋に本格化すると、内田浩一騎手を背に菊花賞を制してみせた。
  そして、彼が本当の意味で大成したのは翌年、武豊騎手を新しい鞍上に迎えてからだ。その後の同馬の安定感は半端ではなかった。91、92年は春の天皇賞を連覇、93年には宝塚記念を優勝。三連覇を狙った93年の春の天皇賞や、91年の有馬記念など惜敗することもあったが、それでもほとんどのレースで連対は確保した。
  ただ、これほど完璧と思える同馬にも弱点がなかったわけではない。父メジロティターン、その父メジロアサマと三代連続で天皇賞馬となる血統は抜群のスタミナを有する代わりに、決して瞬発力に優るわけではなかった。2000メートル戦でも大勝することはあったが、いずれも道悪だったり時計のかかる芝だった。逆に91年のジャパンCや有馬記念など敗れたレースはいずれも勝ち馬に速い脚を使われた際のもの。自身が34秒台で上がることはほとんどなかったのだ。
  しかし、それでもこれだけ素晴らしいパフォーマンスを続けることが出来たのは、武豊騎手がメジロマックイーンの特徴を完璧に把握しており、同馬が最高のパフォーマンスを出来るように騎乗していたから。つまり、緩ペースで瞬発力比べになりそうな時は、自らレースを動かすことによってスタミナ勝負へと質を変化させていたからだ。
  普段はヤンチャな面もあったというメジロマックイーンだが、レースでは鞍上の指示に従う素直さを備えており、加えて歴代の名馬の中でもナンバーワンと言っても過言ではないスタミナが、彼のキャリアを輝かせたのだ。
(文=平松さとし)

映像 日付 開催 R レース名 距離 芝・ダート 馬場状態 頭数 馬番 人気 着順 タイム 騎手 上り3F 1(2)着馬
1990. 2. 3 阪神 4 新馬 1700 ダート 10 6 2 1 1.47.7 村本善之 (ハギノレジェンド)
1990. 2.25 阪神 9 ゆきやなぎ賞 2000 13 6 1 2 2.04.6 村本善之 シンボリデーバ
1990. 5.12 京都 9 あやめ賞 2200 15 3 1 3 2.17.5 村本善之 ホウユウロイヤル
1990. 9. 2 函館 7 渡島特別 1700 ダート 10 8 1 2 1.46.6 内田浩一 38.9 マンジュデンカブト
1990. 9.16 函館 6 木古内特別 1700 ダート 8 4 1 1 1.47.3 内田浩一 37.6 (リキサンロイヤル)
1990. 9.23 函館 8 大沼S 2000 15 12 1 1 2.04.5 内田浩一 38.2 (トウショウアイ)
1990.10.13 京都 11 嵐山S 3000 9 5 1 2 3.06.6 内田浩一 ミスターアダムス
1990.11. 4 京都 10 菊花賞 3000 18 2 4 1 3.06.2 内田浩一 (ホワイトストーン)
1991. 3.10 中京 11 阪神大賞典 3000 9 4 1 1 3.07.3 武豊 35.4 (ゴーサイン)
1991. 4.28 京都 10 天皇賞(春) 3200 18 15 1 1 3.18.8 武豊 (ミスターアダムス)
1991. 6. 9 京都 10 宝塚記念 2200 10 10 1 2 2.13.8 武豊 メジロライアン
1991.10. 6 京都 11 京都大賞典 2400 7 4 1 1 2.26.5 武豊 (メイショウビトリア)
1991.10.27 東京 10 天皇賞(秋) 2000 18 13 1 2.02.9 武豊 37.4 プレクラスニー
1991.11.24 東京 10 ジャパンカップ 2400 15 5 1 4 2.25.3 武豊 34.9 ゴールデンフェザント
1991.12.22 中山 9 有馬記念 2500 15 1 1 2 2.30.8 武豊 35.6 ダイユウサク
1992. 3.15 阪神 11 阪神大賞典 3000 6 4 1 1 3.13.5 武豊 (カミノクレッセ)
1992. 4.26 京都 10 天皇賞(春) 3200 14 5 2 1 3.20.0 武豊 (カミノクレッセ)
1993. 4. 4 阪神 11 産經大阪杯 2000 16 13 1 1 2.03.3 武豊 (ナイスネイチャ)
1993. 4.25 京都 10 天皇賞(春) 3200 15 14 1 2 3.17.5 武豊 36.8 ライスシャワー
1993. 6.13 阪神 10 宝塚記念 2200 11 6 1 1 2.17.7 武豊 38.0 (イクノディクタス)
1993.10.10 京都 11 京都大賞典 2400 10 1 1 1 2.22.7 武豊 35.7 (レガシーワールド)

BACK