HOME > 未来に語り継ぎたい名馬 > ステイゴールド

海外では無敵の名バイプレーヤー
ステイゴールド

ステイゴールド

2001年 日経新春杯

1994年3月24日生 牡 黒鹿毛
父 サンデーサイレンス
母 ゴールデンサッシュ(父 ディクタス)
馬主/(有)社台レースホース
調教師/池江泰郎(栗東)
生産牧場/白老ファーム(北海道・白老町)
競走成績/50戦7勝(うち海外2戦2勝)
主な勝ち鞍/01香港ヴァーズ(G1)
       01ドバイシーマクラシック(G2)
       01日経新春杯(GII)
       00目黒記念(GII)

●万年2着の善戦マン。引退レースは涙なしでは見られません(30代・女性)
●現役馬と種牡馬として、これほど長い間ファンに愛された馬はいないのでは(30代・男性)
●小さい馬体で懸命に走る姿。続ければ必ず最後は叶うことを体現した(50代・女性)

国内ではGⅠに手が届かぬも 引退レースでタイトルを奪取

 豊富なスタミナと、大きな怪我なくコツコツ走り続ける丈夫さで、中長距離路線の重賞には欠かせない名バイプレーヤーとして活躍。サイレンススズカやテイエムオペラオーなどの歴史的名馬と渡り合い、GI 出走20回、重賞連続出走36回のJRA記録(当時)を樹立した。
 国内ではGI 2着が最高だったが、なぜか海を渡るとパワーアップし、ドバイシーマクラシックではその年の全欧年度代表馬に輝くファンタスティックライトをゴール前で交わし去った。香港ヴァーズでも逃げ粘るエクラールを怒涛の勢いで差し切っての1着。どうしても手の届かなかったビッグタイトルを、海外で、しかも引退レースで勝ち取るという劇的なラストランで、シルバーコレクターとしての経歴に終止符を打ったのである。
 オルフェーヴルやゴールドシップを送り出すなど種牡馬としても愛される存在だっただけに、急死が惜しまれる。
(文=谷川善久)

映像 日付 開催 R レース名 距離 芝・ダート 馬場状態 頭数 馬番 人気 着順 タイム 騎手 上り3F 1(2)着馬
1996.12. 1 阪神 5 新馬 2000 14 9 3 3 2.05.3 ペリエ 36.1 マキハタスパート
1996.12.21 阪神 4 新馬 2000 16 7 1 16 2.11.8 ペリエ 41.3 オースミサンデー
1997. 2.15 京都 1 未勝利 1800 ダート 12 11 1 ---- 熊沢重文 ハリアップスキー
1997. 3.22 阪神 4 未勝利 2000 14 13 2 2 2.06.9 熊沢重文 35.6 パルスビート
1997. 4.19 京都 4 未勝利 2400 18 7 1 2 2.27.4 熊沢重文 34.8 タマモイナズマ
1997. 5.11 東京 4 未勝利 2400 18 16 2 1 2.28.4 熊沢重文 35.9 (トップラダー)
1997. 6. 7 中京 9 すいれん賞 2500 10 3 1 1 2.37.4 熊沢重文 35.7 (ビンラシッドビン)
1997. 6.29 阪神 10 やまゆりS 2000 13 6 5 4 2.03.7 熊沢重文 36.6 ナムラキントウン
1997. 9. 6 札幌 10 阿寒湖特別 2000 14 13 3 1 2.02.5 熊沢重文 34.5 (ミナミノフェザント)
1997.10.12 京都 11 京都新聞杯 2200 12 3 7 4 2.13.5 熊沢重文 34.7 マチカネフクキタル
1997.11. 2 京都 10 菊花賞 3000 18 1 10 8 3.08.2 熊沢重文 34.7 マチカネフクキタル
1997.11.30 阪神 10 ゴールデンホイップT 2000 13 7 1 2 2.01.4 武豊 35.3 ファーストソニア
1998. 1.17 京都 11 万葉S 3000 14 4 2 2 3.06.3 熊沢重文 36.1 ユーセイトップラン
1998. 2. 8 京都 10 松籟S 2400 16 14 3 2 2.28.0 熊沢重文 35.8 アラバンサ
1998. 2.21 東京 11 ダイヤモンドS 3200 16 14 3 2 3.17.8 熊沢重文 35.3 ユーセイトップラン
1998. 3.29 中山 11 日経賞 2500 12 10 5 4 2.34.9 熊沢重文 35.3 テンジンショウグン
1998. 5. 3 京都 11 天皇賞(春) 3200 14 9 10 2 3.23.9 熊沢重文 34.3 メジロブライト
1998. 6.13 東京 11 目黒記念 2500 13 4 3 3 2.35.5 熊沢重文 36.6 ゴーイングスズカ
1998. 7.12 阪神 11 宝塚記念 2200 13 4 9 2 2.12.0 熊沢重文 35.3 サイレンススズカ
1998.10.11 京都 11 京都大賞典 2400 7 6 2 4 2.26.2 熊沢重文 35.1 セイウンスカイ
1998.11. 1 東京 11 天皇賞(秋) 2000 12 10 4 2 1.59.5 蛯名正義 36.0 オフサイドトラップ
1998.11.29 東京 10 ジャパンカップ 2400 15 7 6 10 2.27.3 熊沢重文 36.2 エルコンドルパサー
1998.12.27 中山 9 有馬記念 2500 16 5 11 3 2.32.6 熊沢重文 35.5 グラスワンダー
1999. 2.14 京都 11 京都記念 2200 10 6 2 7 2.16.1 熊沢重文 35.3 エモシオン
1999. 3.28 中山 11 日経賞 2500 13 1 2 3 2.36.3 熊沢重文 35.9 セイウンスカイ
1999. 5. 2 京都 11 天皇賞(春) 3200 12 2 6 5 3.16.2 熊沢重文 34.8 スペシャルウィーク
1999. 5.29 中京 11 金鯱賞 2000 15 9 3 3 1.59.9 熊沢重文 35.5 ミッドナイトベット
1999. 6.20 阪神 11 鳴尾記念 2000 10 2 3 3 2.02.6 熊沢重文 36.5 スエヒロコマンダー
1999. 7.11 阪神 11 宝塚記念 2200 12 1 7 3 2.13.7 熊沢重文 36.7 グラスワンダー
1999.10.10 京都 11 京都大賞典 2400 10 8 7 6 2.25.0 熊沢重文 35.0 ツルマルツヨシ
1999.10.31 東京 11 天皇賞(秋) 2000 17 6 12 2 1.58.1 熊沢重文 35.2 スペシャルウィーク
1999.11.28 東京 10 ジャパンカップ 2400 15 10 5 6 2.26.6 熊沢重文 37.3 スペシャルウィーク
1999.12.26 中山 9 有馬記念 2500 15 5 8 10 2.38.2 熊沢重文 35.7 グラスワンダー
2000. 1.23 中山 11 アメリカジョッキーCC 2200 14 9 1 2 2.13.8 熊沢重文 34.6 マチカネキンノホシ
2000. 2.20 京都 11 京都記念 2200 11 4 3 3 2.14.0 熊沢重文 34.7 テイエムオペラオー
2000. 3.26 中山 11 日経賞 2500 10 6 2 2 2.35.6 熊沢重文 35.8 レオリュウホウ
2000. 4.30 京都 11 天皇賞(春) 3200 12 3 4 4 3.18.3 熊沢重文 34.9 テイエムオペラオー
2000. 5.20 東京 11 目黒記念 2500 15 14 1 1 2.33.2 武豊 35.3 (マチカネキンノホシ)
2000. 6.25 阪神 11 宝塚記念 2200 11 3 5 4 2.14.1 安藤勝己 35.9 テイエムオペラオー
2000. 9.24 中山 11 オールカマー 2200 9 1 3 5 2.17.0 後藤浩輝 36.8 メイショウドトウ
2000.10.29 東京 11 天皇賞(秋) 2000 16 9 4 7 2.00.8 武豊 35.8 テイエムオペラオー
2000.11.26 東京 10 ジャパンカップ 2400 16 16 13 8 2.26.6 後藤浩輝 36.1 テイエムオペラオー
2000.12.24 中山 9 有馬記念 2500 16 11 10 7 2.34.8 後藤浩輝 37.3 テイエムオペラオー
2001. 1.14 京都 11 日経新春杯 2400 11 1 5 1 2.25.8 藤田伸二 34.4 (サンエムエックス)
2001. 3.24 アラブ首 4 ドバイシーマクラシック 2400 16 14 1 2.28.2 武豊 (FANTASTICLIGHT)
2001. 6.24 阪神 11 宝塚記念 2200 12 9 5 4 2.12.1 後藤浩輝 35.3 メイショウドトウ
2001.10. 7 京都 11 京都大賞典 2400 7 6 3 2.24.9 後藤浩輝 33.8 テイエムオペラオー
2001.10.28 東京 11 天皇賞(秋) 2000 13 4 3 7 2.03.4 武豊 37.0 アグネスデジタル
2001.11.25 東京 10 ジャパンカップ 2400 15 8 4 4 2.24.5 武豊 35.8 ジャングルポケット
2001.12.16 香港 5 香港ヴァーズ 2400 14 9 1 2.27.8 武豊 (EKRAAR)

BACK