HOME > 未来に語り継ぎたい名馬 > グラスワンダー

グランプリを3勝した栗毛の怪物
グラスワンダー

グラスワンダー

1997年 京成杯3歳S

1995年2月18日生 牡 栗毛
父 Silver Hawk
母 Ameriflora(父 Danzig)
馬主/半沢(有)
調教師/尾形充弘(美浦)
生産者/Phillips Racing Partnership & John Phillips(米国)
通算成績/15戦9勝
主な勝ち鞍/98・99有馬記念(GI) 99宝塚記念(GI)
       97朝日杯3歳S(GI) 99毎日王冠(GII)
99京王杯スプリングC(GII) 97京成杯3歳S(GII)

●勝ち方、負け方どちらも印象的な馬で大好きです!(20代・男性)
●坊ちゃん顔の綺麗な栗毛でめっぽう強かった(40代・男性)
●朝日杯での豪快なフットワークで駆ける姿を目の当たりにし、とんでもない怪物が現れたと衝撃を受けました(40代・男性)

ここ一番でみせる底力で ライバルたちを捻じ伏せる

 朝日杯3歳Sで1分33秒6という破格のレコードタイムを叩き出し、翌年秋には毎日王冠とアルゼンチン共和国杯を見せ場なく連敗し、早熟だったかと思わせてからの有馬記念で鮮やかな復活勝利。坂を駆け上がりながら先頭に立つと、メジロブライト以下を完封してみせた。
  次の年も、まずは安田記念でエアジハードに苦杯をなめると、続く宝塚記念で再上昇。凱旋門賞遠征を視野に入れていた断然の本命馬スペシャルウィークを直線だけで3馬身ちぎり捨て、3着ステイゴールドはさらに7馬身後ろという圧勝だ。暮れの大一番・有馬記念では、外から並びかけてくるスペシャルウィーク、内から伸びるテイエムオペラオー、3頭横一線の大接戦をハナ差競り勝ってグランプリ3勝目をマークする。
  この、ここぞという一瞬に見せる桁違いの底力が、グラスワンダーを名馬の座に押し上げたといえるだろう。
(文=谷川善久)

映像 日付 開催 R レース名 距離 芝・ダート 馬場状態 頭数 馬番 人気 着順 タイム 騎手 上り3F 1(2)着馬
1997. 9.13 中山 7 新馬 1800 10 9 1 1 1.52.4 的場均 35.6 (ビルトシェーン)
1997.10.12 東京 9 アイビーS 1400 9 8 1 1 1.21.9 的場均 34.0 (マチカネサンシロー)
1997.11. 8 東京 11 京成杯3歳S 1400 9 2 1 1 1.21.9 的場均 34.7 (マチカネサンシロー)
1997.12. 7 中山 11 朝日杯3歳S 1600 15 11 1 1 1.33.6 的場均 35.4 (マイネルラヴ)
1998.10.11 東京 11 毎日王冠 1800 9 6 2 5 1.46.4 的場均 36.3 サイレンススズカ
1998.11. 7 東京 11 アルゼンチン共和国杯 2500 18 13 1 6 2.33.5 的場均 35.3 ユーセイトップラン
1998.12.27 中山 9 有馬記念 2500 16 2 4 1 2.32.1 的場均 35.3 (メジロブライト)
1999. 5.15 東京 11 京王杯スプリングカップ 1400 18 5 1 1 1.20.5 的場均 33.3 (エアジハード)
1999. 6.13 東京 11 安田記念 1600 14 7 1 2 1.33.3 的場均 35.2 エアジハード
1999. 7.11 阪神 11 宝塚記念 2200 12 5 2 1 2.12.1 的場均 35.1 (スペシャルウィーク)
1999.10.10 東京 11 毎日王冠 1800 10 8 1 1 1.45.8 的場均 34.7 (メイショウオウドウ)
1999.12.26 中山 9 有馬記念 2500 15 7 1 1 2.37.2 的場均 34.6 (スペシャルウィーク)
2000. 3.26 中山 11 日経賞 2500 10 7 1 6 2.36.3 的場均 36.1 レオリュウホウ
2000. 5.14 東京 11 京王杯スプリングカップ 1400 18 8 1 9 1.21.6 的場均 34.5 スティンガー
2000. 6.25 阪神 11 宝塚記念 2200 11 11 2 6 2.14.7 蛯名正義 36.5 テイエムオペラオー

BACK