HOME > 未来に語り継ぎたい名馬 > タイキシャトル

世界へ飛び出した無敵のマイラー
タイキシャトル

タイキシャトル

1998年 安田記念

1994年3月23日生 牡 栗毛
父 Devil's Bag
母 ウェルシュマフィン(父 Caerleon)
馬主/(有)大樹ファーム
調教師/藤沢和雄(美浦)
生産者/Taiki Farm(米国)
通算成績/13戦11勝(うち海外1戦1勝)
主な勝ち鞍/97・98マイルチャンピオンシップ(GI)
       98ジャックルマロワ賞(仏GI) 
       98安田記念(GI) 97スプリンターズS(GI)
       98京王杯スプリングC(GII) 97スワンS(GII)
       97ユニコーンS(GIII)

●スピードに驚き、当時小さかった私でも鳥肌が立ったのを覚えてます(20代・男性)
●史上最強マイラーといわれる彼の走りは、僕の心のもやもやをすべて吹き飛ばしてくれた(20代・男性)
●とにかく、あの強さをもう一度世に知らしめたい(30代・男性)

スピードとパワーを兼備し どんな舞台でも結果を残した

 現役として活躍した期間は、わずか1年と8カ月。短い競走馬生活を、タイキシャトルは輝きながら駆け抜けた。1997年にはマイルチャンピオンシップを差し切り、スプリンターズSでは直線独走、史上初めて秋の短距離GI 連覇を達成。翌98年の安田記念は香港馬オリエンタルエクスプレスを2馬身半突き放しての快勝で、その後フランスに渡ると、終始外ラチを意識し集中力を欠く走りだったにもかかわらずGI ジャックルマロワ賞を制覇。帰国初戦のマイルチャンピオンシップは5馬身差で連覇を飾った。スピードとパワーを兼備し、ダートも道悪も、重いといわれるフランスの馬場も克服した結果の戦歴である。
  98年にはJRA賞年度代表馬のタイトルを獲得しているが、純然とした短距離馬が選出されたのは初めてのこと。それは、タイキシャトルの走りがいかに突出していたかの証左だといえる。
(文=谷川善久)

映像 日付 開催 R レース名 距離 芝・ダート 馬場状態 頭数 馬番 人気 着順 タイム 騎手 上り3F 1(2)着馬
1997. 4.19 東京 2 未勝利 1600 ダート 16 10 1 1 1.39.0 岡部幸雄 38.4 (アカシグリスン)
1997. 5. 3 京都 6 500万下 1200 ダート 16 3 1 1 1.12.2 岡部幸雄 37.4 (サウンドカスケード)
1997. 6. 8 東京 9 菖蒲S 1600 9 8 2 1 1.36.5 岡部幸雄 34.2 (シンコウスプレンダ)
1997. 7. 6 阪神 9 菩提樹S 1400 14 9 1 2 1.20.9 岡部幸雄 35.8 テンザンストーム
1997.10. 4 東京 11 ユニコーンS 1600 ダート 16 3 3 1 1.36.8 岡部幸雄 37.9 (ワシントンカラー)
1997.10.25 京都 11 スワンS 1400 16 9 2 1 1.20.7 横山典弘 34.4 (スギノハヤカゼ)
1997.11.16 京都 11 マイルチャンピオンシップ 1600 18 5 2 1 1.33.3 横山典弘 36.1 (キョウエイマーチ)
1997.12.14 中山 11 スプリンターズS 1200 16 16 1 1 1.07.8 岡部幸雄 34.9 (スギノハヤカゼ)
1998. 5.16 東京 11 京王杯スプリングカップ 1400 16 1 1 1 1.20.1 岡部幸雄 34.7 (オースミタイクーン)
1998. 6.14 東京 11 安田記念 1600 17 2 1 1 1.37.5 岡部幸雄 37.0 (オリエンタルエクスプレス)
1998. 8.16 フランス ジャック・ル・マロワ賞 1600 8 1 1.37.4 岡部幸雄 (アマングメン)
1998.11.22 京都 11 マイルチャンピオンシップ 1600 13 9 1 1 1.33.3 岡部幸雄 36.0 (ビッグサンデー)
1998.12.20 中山 11 スプリンターズS 1200 16 13 1 3 1.08.6 岡部幸雄 35.5 マイネルラヴ

BACK