HOME > 未来に語り継ぎたい名馬 > ミホノブルボン

鍛えて強くなった坂路の申し子
ミホノブルボン

ミホノブルボン

1992年 皐月賞

1989年4月25日生 牡 栗毛
父 マグニテュード
母 カツミエコー(父 シャレー)
馬主/(有)ミホノインターナショナル
調教師/戸山為夫(栗東)
    →鶴留明雄(栗東)
    →松元茂樹(栗東)
生産牧場/原口圭二氏(北海道・門別町)
通算成績/8戦7勝
主な勝ち鞍/92日本ダービー(GI) 92皐月賞(GI)
      91朝日杯3歳S(GI) 92京都新聞杯(GII)
      92スプリングS(GII)

●スピードだけで全レースを圧倒。古馬になってどこまで強くなるか見たかった(40代・男性)
●かわいい顔に似合わず、鍛えあげられたムキムキの身体! 楽しそうに逃げる姿が格好良かった(50代・女性)
●スピードが凄かった。凄すぎた(40代・男性)

“スパルタ”調教で スピードに磨きをかける

 デビュー戦で見せた直線一気の豪脚や、ヤマニンミラクルの急追をハナ差しのぎ切った朝日杯3歳S、あるいは筋肉の鎧を身にまとった短距離アスリートを思わせる馬体からもわかる通り、スピードこそこの馬最大の武器。さらにミホノブルボンは故・戸山為夫調教師の「鍛えて強くする」という信念のもと、折しも栗東トレーニング・センターにオープンしたばかりの坂路で“スパルタ”と評される厳しい調教を課されて、さらに能力を磨いていった。
 かくして、スプリングSは7馬身差、皐月賞は2馬身半差、日本ダービーは4馬身差と、クラシックロードでも圧倒的な走りを見せつけて二冠を達成、秋初戦の京都新聞杯は日本レコードで走破する。残念ながら三冠達成はライスシャワーによって阻まれたものの、マチカネタンホイザを差し返して2着を死守したこの菊花賞もまた、鍛錬の賜物だったはずだ。

(文=谷川善久)

映像 日付 開催 R レース名 距離 芝・ダート 馬場状態 頭数 馬番 人気 着順 タイム 騎手 上り3F 1(2)着馬
1991. 9. 7 中京 6 新馬 1000 13 3 1 1 58.1 小島貞博 33.1 (ホウエイセイコー)
1991.11.23 東京 7 500万下 1600 11 9 1 1 1.35.1 小島貞博 35.6 (クリトライ)
1991.12. 8 中山 11 朝日杯3歳S 1600 8 4 1 1 1.34.5 小島貞博 35.5 (ヤマニンミラクル)
1992. 3.29 中山 11 スプリングS 1800 14 1 2 1 1.50.1 小島貞博 37.6 (マーメイドタバン)
1992. 4.19 中山 10 皐月賞 2000 18 4 1 1 2.01.4 小島貞博 37.1 (ナリタタイセイ)
1992. 5.31 東京 9 日本ダービー 2400 18 15 1 1 2.27.8 小島貞博 37.1 (ライスシャワー)
1992.10.18 京都 11 京都新聞杯 2200 10 10 1 1 2.12.0 小島貞博
(ライスシャワー)
1992.11. 8 京都 10 菊花賞 3000 18 7 1 2 3.05.2 小島貞博
ライスシャワー

BACK