異国の地で砂に散った一等星
ホクトベガ

ホクトベガ

1996年 フェブラリーS

1990年3月26日生 牝 鹿毛
父 ナグルスキー
母 タケノファルコン(父 フィリップオブスペイン)
馬主/金森森商事(株)
調教師/中野隆良(美浦)
生産牧場/酒井牧場(北海道・浦河町)
通算成績/42戦16勝(うち地方9戦9勝、海外1戦0勝)
主な勝ち鞍/93エリザベス女王杯(GI) 96フェブラリーS(GII)
       94札幌記念(GIII) 93フラワーC(GIII)
       96・97川崎記念(交流重賞) 96マイルチャンピオンシップ南部杯(交流重賞)
       96帝王賞(交流重賞) 96浦和記念(交流重賞)

●日本中の期待を背負い異国の砂に散った名馬の中の名馬(50代・男性)
●あれから貴女以上に惹きつけられる馬には出会えません。これからも無いでしょう(40代・男性)
●競馬の枠を超えた感動と強さを与えてくれた最強の牝馬です(40代・男性)

芝のGI ホースが ダートで無類の強さを発揮

 エリザベス女王杯を勝利し、札幌記念では牡馬の重賞ウイナーらを一蹴。芝でも力を示したが、その何十倍も上を行くパフォーマンスをダートで見せつけた。
  1995年・エンプレス杯は大差勝ち。96年には川崎記念、フェブラリーS、ダイオライト記念、群馬記念、帝王賞、エンプレス杯、マイルチャンピオンシップ南部杯、浦和記念を制し、アマゾンオペラやライブリマウント、ヒカリルーファス、キョウトシチーといった難敵相手にダートでは8戦負けなしを記録した。いずれも後続を突き放しての勝利。セーフティリードを築きながらも決して気を抜くことなくゴールまで走り切る、その律儀な走りが印象に残る。ダート路線の整備が進んだ現代に生まれていたなら、順位をもっと上げていたはずだ。
  97年は川崎記念連覇を経てドバイワールドCに挑むもレース中に故障。異国に散ったのが無念だ。
(文=谷川善久)

映像 日付 開催 R レース名 距離 芝・ダート 馬場状態 頭数 馬番 人気 着順 タイム 騎手 上り3F 1(2)着馬
1993. 1. 5 中山 3 新馬・牝 1200 ダート 16 2 2 1 1.12.5 加藤和宏 38.5 (イズミブルー)
1993. 1.16 中山 9 朱竹賞 1800 ダート 9 9 1 2 1.52.4 加藤和宏 39.8 サイキョウホウザン
1993. 2.20 東京 9 カトレア賞 1600 ダート 16 12 1 1 1.37.8 加藤和宏 37.4 (サンエイレコード)
1993. 3.20 中山 11 フラワーカップ 1800 14 3 2 1 1.49.7 加藤和宏 35.9 (タイジュリエット)
1993. 4.11 阪神 10 桜花賞 1600 18 16 6 5 1.37.7 加藤和宏 ベガ
1993. 5.23 東京 10 オークス 2400 18 14 5 6 2.28.2 加藤和宏 36.0 ベガ
1993.10. 3 中山 11 クイーンS 2000 14 10 2 2 2.02.6 加藤和宏 36.0 ユキノビジン
1993.10.24 京都 11 ローズS 2000 14 3 3 3 2.00.7 加藤和宏 34.9 スターバレリーナ
1993.11.14 京都 10 エリザベス女王杯 2400 18 1 9 1 2.24.9 加藤和宏 35.3 (ノースフライト)
1993.12.18 中山 11 ターコイズS 1800 9 2 2 3 1.49.8 加藤和宏 34.6 ユキノビジン
1994. 1.15 阪神 11 平安S 1800 ダート 16 12 2 10 1.54.3 加藤和宏 40.1 トーヨーリファール
1994. 2.27 中山 11 中山牝馬S 1800 11 9 2 4 1.48.3 加藤和宏 36.5 ホッカイセレス
1994. 4.23 東京 11 京王杯スプリングカップ 1400 16 9 5 5 1.21.9 加藤和宏 34.7 スキーパラダイス
1994. 6.12 札幌 11 札幌日経オープン 1800 12 5 1 1 1.47.2 加藤和宏 35.2 (モガミサルノ)
1994. 7. 3 札幌 11 札幌記念 2000 13 10 1 1 2.00.9 加藤和宏 35.7 (エーピーグランプリ)
1994. 8.21 札幌 11 函館記念 2000 14 3 1 3 2.02.1 加藤和宏 36.7 ワコーチカコ
1994.10. 9 東京 11 毎日王冠 1800 11 8 11 9 1.45.4 加藤和宏 35.3 ネーハイシーザー
1994.11.13 東京 11 富士S 1800 11 3 2 6 1.47.6 加藤和宏 34.8 サクラチトセオー
1994.12.18 阪神 11 阪神牝馬特別 2000 13 6 6 5 2.01.2 加藤和宏 37.0 メモリージャスパー
1995. 1.22 中山 11 アメリカジョッキーCC 2200 10 1 6 2 2.14.5 加藤和宏 34.6 サクラチトセオー
1995. 2.26 中山 11 中山牝馬S 1800 10 6 1 2 1.49.5 加藤和宏 34.9 アルファキュート
1995. 3.12 中山 11 中山記念 1800 12 8 2 8 1.50.8 加藤和宏 34.9 フジヤマケンザン
1995. 4.22 東京 11 京王杯スプリングカップ 1400 18 16 11 3 1.21.5 横山典弘 35.4 ドゥマーニ
1995. 5.14 東京 11 安田記念 1600 18 10 3 5 1.33.5 横山典弘 34.7 ハートレイク
1995. 6.13 川崎 9 エンプレス杯 2000 ダート 7 7 1 1 2.06.5 横山典弘 (アクアライデン)
1995. 8.20 函館 11 函館記念 2000 16 3 5 11 2.03.5 的場均 38.0 インターマイウェイ
1995.10. 8 東京 11 毎日王冠 1800 14 5 8 7 1.49.2 大塚栄三郎 35.2 スガノオージ
1995.10.29 東京 10 天皇賞(秋) 2000 18 18 15 16 2.00.2 横山典弘 36.9 サクラチトセオー
1995.11.19 新潟 11 福島記念 2000 16 12 8 2 2.01.9 中舘英二 35.4 マイネルブリッジ
1995.12.17 阪神 11 阪神牝馬特別 2000 12 4 5 5 2.00.8 中舘英二 35.6 サマニベッピン
1996. 1.24 川崎 11 川崎記念 2000 ダート 12 9 2 1 2.07.5 横山典弘 (ライフアサヒ)
1996. 2.17 東京 11 フェブラリーS 1600 ダート 15 5 3 1 1.36.5 横山典弘 37.0 (アイオーユー)
1996. 3.20 船橋 10 ダイオライト記念 2400 ダート 8 8 1 1 2.31.3 横山典弘 (スペクタクル)
1996. 5. 5 高崎 9 群馬記念 1500 ダート 12 2 1 1 1.33.6 横山典弘 (ヒカリルーファス)
1996. 6.19 大井 9 帝王賞 2000 ダート 15 10 1 1 2.04.2 横山典弘 (アイオーユー)
1996. 7.15 川崎 9 エンプレス杯 2000 ダート 7 2 1 1 2.06.7 横山典弘 (スピードアイリス)
1996.10.10 盛岡 10 南部杯 1600 ダート 12 2 1 1 1.38.3 的場均 (ヘイセイシルバー)
1996.11.10 京都 10 エリザベス女王杯 2200 16 2 4 4 2.14.4 的場均 33.7 ダンスパートナー
1996.12. 4 浦和 10 浦和記念 2000 ダート 9 8 1 1 2.05.5 横山典弘 (キョウトシチー)
1996.12.22 中山 9 有馬記念 2500 14 9 9 9 2.36.0 藤田伸二 38.5 サクラローレル
1997. 2. 5 川崎 10 川崎記念 2000 ダート 11 7 1 1 2.06.7 横山典弘 (キョウトシチー)
1997. 4. 3 アラブ首 ドバイワールドカップ 2000 ダート 12 ---- 横山典弘 シングスピール

BACK