HOME > 未来に語り継ぎたい名馬 > キングカメハメハ

史上初の“変則二冠”馬
キングカメハメハ

キングカメハメハ

2004年 NHKマイルカップ

2001年3月20日生 牡 鹿毛
父 Kingmambo
母 マンファス(父 ラストタイクーン)
馬主/金子真人氏
調教師/松田国英(栗東)
生産牧場/ノーザンファーム(北海道・早来町)
通算成績/8戦7勝
主な勝ち鞍/04日本ダービー(GI) 04NHKマイルC(GI)
       04神戸新聞杯(GII) 04毎日杯(GIII)

●まだまだ底を見せずに引退したキングカメハメハは、三冠馬達を凌駕するぐらいの強さでした(50代・女性)
●キンカメ、アンカツ、最高のパートナー(40代・男性)
●NHKマイルC、日本ダービーでの末脚は忘れられません(40代・男性)

GI 2勝とも、異なる強さを 見せつけるレースぶり

 NHKマイルCと日本ダービーを制して史上初の“変則二冠”を達成。その記録的事実はもちろん、あまりに対照的な2つの勝ちっぷりも観る者を驚かせた。
 NHKマイルCでは、好ダッシュから控えて中団で流れに乗り、直線、馬群の外をスパート。坂を駆け上がる際の勢いは凄まじく、瞬く間に後続を引きちぎって1着。レースの上手さと決め手の鋭さで果たした5馬身差の圧勝劇だった。
  いっぽう日本ダービーは、マイネルマクロスが1000メートル通過57秒6という猛烈なラップで逃げて、まったく息の入らない流れ。キングカメハメハも早めに追撃を開始し、4コーナーでは大きく外に振られながらも好位まで進出、残り400メートルの地点では先頭に立つ。そのまま押し切って、従来のタイムを2秒も縮める2分23秒3のレコードを計時。こちらは、どんなペースにもひるまない勝負根性と持久力でつかんだ栄冠だった。
(文=谷川善久)

映像 日付 開催 R レース名 距離 芝・ダート 馬場状態 頭数 馬番 人気 着順 タイム 騎手 上り3F 1(2)着馬
2003.11.16 京都 5 新馬 1800 12 12 1 1 1.50.5 安藤勝己 35.2 (ユニバーサル)
2003.12.13 阪神 9 エリカ賞 2000 12 5 1 1 2.02.6 武豊 34.6 (グレートベースン)
2004. 1.18 中山 11 京成杯 2000 10 4 1 3 2.00.0 バルジュー 36.7 フォーカルポイント
2004. 2.29 阪神 9 すみれS 2200 7 7 1 1 2.16.4 安藤勝己 34.2 (ストラタジェム)
2004. 3.27 阪神 11 毎日杯 2000 8 8 2 1 2.01.2 福永祐一 34.5 (シェルゲーム)
2004. 5. 9 東京 11 NHKマイルカップ 1600 18 13 1 1 1.32.5 安藤勝己 34.0 (コスモサンビーム)
2004. 5.30 東京 10 日本ダービー 2400 18 12 1 1 2.23.3 安藤勝己 35.4 (ハーツクライ)
2004. 9.26 阪神 11 神戸新聞杯 2000 8 7 1 1 1.59.0 安藤勝己 33.7 (ケイアイガード)

BACK