HOME > 未来に語り継ぎたい名馬 > ハーツクライ

ディープを下した唯一の日本馬
ハーツクライ

ハーツクライ

2005年 有馬記念

2001年4月15日生 牡 鹿毛
父 サンデーサイレンス
母 アイリッシュダンス(父 トニービン)
馬主/(有)社台レースホース
調教師/橋口弘次郎(栗東)
生産牧場/社台ファーム(北海道・千歳市)
通算成績/19戦5勝(うち海外2戦1勝)
主な勝ち鞍/06ドバイシーマクラシック(G1)
       05有馬記念(GI) 04京都新聞杯(GII)

●世界の頂点に最も近付いた名馬だと信じています。ドバイでの圧勝劇、キングジョージでの競り合いは強烈でした(20代・女性)
●今、子供達が活躍していてとても嬉しいです(10代・男性)
●日本調教馬でディープインパクトに唯一先着(30代・女性)

意表を突く先行策から 大金星をマーク

 34位キングカメハメハの勝った日本ダービーで猛然と2着まで追い込んだのがハーツクライだ。その後も、菊花賞が7着、ジャパンCが10着、有馬記念は9着、天皇賞・春が5着、宝塚記念は2着、天皇賞・秋は6着と「追い込んで届かず」のレースを繰り返すことになる。
 通算9度目のGI 挑戦となった2005年のジャパンCもハナ差の2着。ただし、2分22秒1のレコードで駆けたアルカセットと同タイム、ハナ差の大接戦。上がり3F推定タイムはメンバー中最速をマークし、潜在能力の高さをあらためて示した。この時の自信が、次走・有馬記念での英雄撃破、ディープインパクトを完封しての1着に結びつく。
 意表を突く先行策であげたこの大金星がランクインの由縁だろうが、続くドバイシーマクラシックを悠々と逃げ切って“一発屋”で終わらせなかった点も称えられるべきだろう。
(文=谷川善久)

映像 日付 開催 R レース名 距離 芝・ダート 馬場状態 頭数 馬番 人気 着順 タイム 騎手 上り3F 1(2)着馬
2004. 1. 5 京都 4 新馬 2000 10 9 1 1 2.06.0 武豊 35.3 (ミヤタイセン)
2004. 2.15 京都 11 きさらぎ賞 1800 14 8 5 3 1.48.6 幸英明 35.2 マイネルブルック
2004. 3.20 阪神 11 若葉S 2000 14 2 2 1 2.00.2 安藤勝己 34.2 (スズカマンボ)
2004. 4.18 中山 11 皐月賞 2000 18 16 5 14 2.00.0 安藤勝己 34.3 ダイワメジャー
2004. 5. 8 京都 11 京都新聞杯 2200 11 11 2 1 2.11.9 安藤勝己 33.4 (スズカマンボ)
2004. 5.30 東京 10 日本ダービー 2400 18 5 5 2 2.23.5 横山典弘 34.3 キングカメハメハ
2004. 9.26 阪神 11 神戸新聞杯 2000 8 8 2 3 1.59.4 武豊 33.8 キングカメハメハ
2004.10.24 京都 11 菊花賞 3000 18 10 1 7 3.06.2 武豊 35.3 デルタブルース
2004.11.28 東京 11 ジャパンカップ 2400 16 3 3 10 2.25.7 武豊 35.2 ゼンノロブロイ
2004.12.26 中山 9 有馬記念 2500 15 5 10 9 2.30.5 横山典弘 34.2 ゼンノロブロイ
2005. 4. 3 阪神 11 産経大阪杯 2000 9 9 4 2 1.59.2 横山典弘 34.2 サンライズペガサス
2005. 5. 1 京都 11 天皇賞(春) 3200 18 16 8 5 3.17.1 横山典弘 34.5 スズカマンボ
2005. 6.26 阪神 11 宝塚記念 2200 15 4 3 2 2.11.5 横山典弘 35.2 スイープトウショウ
2005.10.30 東京 10 天皇賞(秋) 2000 18 10 2 6 2.00.4 ルメール 32.8 ヘヴンリーロマンス
2005.11.27 東京 10 ジャパンカップ 2400 18 16 2 2 2.22.1 ルメール 34.4 アルカセット
2005.12.25 中山 9 有馬記念 2500 16 10 4 1 2.31.9 ルメール 35.0 (ディープインパクト)
2006. 3.25 アラブ首 5 ドバイシーマクラシック 2400 14 5 1 2.31.8 ルメール (COLLIERHILL)
2006. 7.29 イギリス 5 キングジョージⅥ&クイーンエリザベスDS 2400 6 4 3 ---- ルメール HURRICANERUN
2006.11.26 東京 10 ジャパンカップ 2400 11 1 2 10 2.27.7 ルメール 36.4 ディープインパクト

BACK