HOME > 未来に語り継ぎたい名馬 > ビワハヤヒデ

堅実タイプだった最強兄弟の兄
ビワハヤヒデ

ビワハヤヒデ

1993年 菊花賞

1990年3月10日生 牡 芦毛
父 シャルード
母 パシフィカス(父 Northern Dancer)
馬主/(有)ビワ
調教師/浜田光正(栗東)
生産牧場/早田牧場新冠支場(福島県・桑折町)
通算成績/16戦10勝
主な勝ち鞍/94宝塚記念(GI)
       94天皇賞・春(GI)
       93菊花賞(GI)
       94京都記念(GII)
       93神戸新聞杯(GII)
       92デイリー杯3歳S(GII)

●顔デカだの勝負弱いだの言われたが、メンコを外してからの強さは別格だったし、素顔も愛らしかった(40代・男性)
●ナリタブライアンと勝負すれば勝っていたと思う(30代・男性)
●圧倒的な安定感を見せた岡部のビワハヤヒデが印象的(30代・男性)

安定感がありながら 突き放しても勝てる馬

 16戦して10勝、2着5回。連を外したのは、レース後に故障が判明、そのまま引退を余儀なくされた天皇賞・秋だけという安定した競走生活を送った。
  競馬の場合、安定感は勝ち味の遅さと表裏一体だ。ビワハヤヒデも、ナリタタイシンの切れ味に屈した皐月賞、ウイニングチケットが執念で勝ち切った日本ダービー、トウカイテイオーが奇跡の復活を遂げた有馬記念と、ビッグレースではライバルの激走を許して2着に終わることが多かった。
  が、単に「大きく負けない」だけの馬ではなかった。菊花賞では4コーナー先頭から5馬身差独走の圧勝、レコードタイムもマーク。天皇賞・春では追いすがるナリタタイシンを寄せつけず、宝塚記念はまたも5馬身差&レコードの大楽勝だ。「大きく勝つ」ことのできる爆発力を秘めていたのも、この馬のセールスポイントである。
(文=谷川善久)

映像 日付 開催 R レース名 距離 芝・ダート 馬場状態 頭数 馬番 人気 着順 タイム 騎手 上り3F 1(2)着馬
1992. 9.13 阪神 6 新馬 1600 14 4 2 1 1.38.3 岸滋彦 (テイエムシンザン)
1992.10.10 京都 9 もみじS 1600 10 8 1 1 1.34.3 岸滋彦 (シルクムーンライト)
1992.11. 7 京都 11 デイリー杯3歳S 1400 9 8 1 1 1.21.7 岸滋彦 (テイエムハリケーン)
1992.12.13 中山 11 朝日杯3歳S 1600 12 7 1 2 1.35.5 岸滋彦 35.5 エルウェーウィン
1993. 2.14 東京 11 共同通信杯4歳S 1800 9 1 1 2 1.48.7 岸滋彦 34.9 マイネルリマーク
1993. 3.20 中山 10 若葉S 2000 8 8 1 1 2.00.9 岡部幸雄 35.7 (ケントニーオー)
1993. 4.18 中山 10 皐月賞 2000 18 18 2 2 2.00.3 岡部幸雄 35.4 ナリタタイシン
1993. 5.30 東京 9 日本ダービー 2400 18 7 2 2 2.25.6 岡部幸雄 36.3 ウイニングチケット
1993. 9.26 阪神 11 神戸新聞杯 2000 9 1 1 1 2.02.9 岡部幸雄 35.0 (ネーハイシーザー)
1993.11. 7 京都 10 菊花賞 3000 18 7 1 1 3.04.7 岡部幸雄 34.5 (ステージチャンプ)
1993.12.26 中山 9 有馬記念 2500 14 13 1 2 2.31.0 岡部幸雄 35.3 トウカイテイオー
1994. 2.13 阪神 11 京都記念 2200 10 6 1 1 2.16.8 岡部幸雄 37.0 (ルーブルアクト)
1994. 4.24 阪神 10 天皇賞(春) 3200 11 11 1 1 3.22.6 岡部幸雄 36.5 (ナリタタイシン)
1994. 6.12 阪神 10 宝塚記念 2200 14 13 1 1 2.11.2 岡部幸雄 35.0 (アイルトンシンボリ)
1994. 9.18 中山 11 オールカマー 2200 8 8 1 1 2.14.5 岡部幸雄 35.4 (ウイニングチケット)
1994.10.30 東京 10 天皇賞(秋) 2000 13 2 1 5 1.59.1 岡部幸雄 35.1 ネーハイシーザー

BACK