HOME > 未来に語り継ぎたい名馬 > シンボリクリスエス

傑出した能力を発揮した外国産馬
シンボリクリスエス

シンボリクリスエス

2002年 有馬記念

1999年1月21日生 牡 黒鹿毛
父 Kris S.
母 Tee Kay(父 Gold Meridian)
馬主/シンボリ牧場
調教師/藤沢和雄(美浦)
生産者/Takahiro Wada(米国)
通算成績/15戦8勝
主な勝ち鞍/02・03有馬記念(GI) 
      02・03天皇賞・秋(GI) 
      02神戸新聞杯(GII)
      02青葉賞(GII)

●有馬記念の9馬身差は忘れない(40代・男性)
●ラストランの有馬記念でのパドックで観た馬体の凄さ! 初めて馬にもオーラがあるのだと感じた(30代・男性)
●エピファネイアがジャパンCを圧勝、父の雪辱を果たしてくれて嬉しかった(40代・男性)

圧倒的な強さで 天皇賞・秋と有馬記念を連覇

 3歳時と4歳時に天皇賞・秋と有馬記念を連覇。いずれも「強い!」とファンを唸らせるものだった。
  2002年の天皇賞・秋は初めての古馬との対戦で、ひしめく先行勢の中に押し込められる展開。それでも怖気づくことなく、わずかな間隙をこじ開けて抜け出してきた。有馬記念ではやはり馬群を割るようにして差し脚を伸ばし、大逃げから楽勝態勢に持ち込んだタップダンスシチーをただ1頭猛追、驚異的な瞬発力で最後には捉えてみせる。
  翌年の天皇賞・秋は、1000メートル通過56秒9の激烈なラップで進んだレース。直線に入るやいなや猛然と加速したシンボリクリスエスは、坂上先頭から押し切ってレコード勝ちを果たす。そして有馬記念は、早め2番手の積極策から直線では他馬を突き放す一方。またもレコード勝ち&驚きの9馬身差で能力の違いを見せつけたのだった。
(文=谷川善久)

映像 日付 開催 R レース名 距離 芝・ダート 馬場状態 頭数 馬番 人気 着順 タイム 騎手 上り3F 1(2)着馬
2001.10.13 東京 2 新馬 1600 9 1 4 1 1.36.5 岡部幸雄 34.9 (アサクサキニナル)
2002. 1.27 東京 9 セントポーリア賞 1800 14 14 2 2 1.53.3 横山典弘 36.5 タイムレスワールド
2002. 2. 9 東京 9 ゆりかもめ賞 2400 16 16 1 3 2.30.8 横山典弘 34.7 トウカイアロー
2002. 3.10 中山 7 500万下 1800 16 9 1 3 1.48.0 岡部幸雄 34.2 マイネルリバティー
2002. 4. 6 中山 9 山吹賞 2200 16 15 2 1 2.14.3 岡部幸雄 34.7 (マイネルアムンゼン)
2002. 4.27 東京 11 青葉賞 2400 18 3 1 1 2.26.4 武豊 34.1 (バンブーユベントス)
2002. 5.26 東京 10 日本ダービー 2400 18 11 3 2 2.26.4 岡部幸雄 35.2 タニノギムレット
2002. 9.22 阪神 11 神戸新聞杯 2000 16 9 1 1 1.59.1 岡部幸雄 35.1 (ノーリーズン)
2002.10.27 中山 11 天皇賞(秋) 2000 18 8 3 1 1.58.5 岡部幸雄 34.4 (ナリタトップロード)
2002.11.24 中山 10 ジャパンカップ 2200 16 7 1 3 2.12.3 ペリエ 35.7 ファルブラヴ
2002.12.22 中山 9 有馬記念 2500 14 1 2 1 2.32.6 ペリエ 34.6 (タップダンスシチー)
2003. 6.29 阪神 11 宝塚記念 2200 17 5 1 5 2.12.3 デザーモ 37.0 ヒシミラクル
2003.11. 2 東京 11 天皇賞(秋) 2000 18 18 1 1 1.58.0 ペリエ 33.6 (ツルマルボーイ)
2003.11.30 東京 10 ジャパンカップ 2400 18 5 1 3 2.30.3 ペリエ 37.1 タップダンスシチー
2003.12.28 中山 9 有馬記念 2500 12 12 1 1 2.30.5 ペリエ 35.3 (リンカーン)

BACK