HOME > 未来に語り継ぎたい名馬 > アグネスデジタル

国内外で活躍のオールラウンダー
アグネスデジタル

アグネスデジタル

2000年 マイルCS

1997年5月15日生 牡 栗毛
父 Crafty Prospector
母 Chancey Squaw(父 Chief's Crown)
馬主/渡辺孝男氏
調教師/白井寿昭(栗東)
生産者/Catesby W. Clay & Peter J. Callahan(米国)
通算成績/32戦12勝(うち地方8戦4勝、海外3戦1勝)
主な勝ち鞍/03安田記念(GI) 02フェブラリーS(GI) 01香港C(GI)
       01天皇賞・秋(GI) 01マイルチャンピオンシップ南部杯(GI)
       00マイルチャンピオンシップ(GI) 99全日本3歳優駿(GII)
       01日本テレビ盃(GⅢ) 00ユニコーンS(GⅢ)
       00名古屋優駿(GⅢ)

●芝、ダート、国内外を問わず力を発揮できる。これこそ名馬と呼ぶにふさわしい(50代・男性)
●芝もダートも縦横無尽に駆け抜けたユニークな存在こそ、未来に語り継ぎたい名馬№1!(40代・女性)
●異能の名馬であったと思います(30代・女性)

ダート8勝以上に光った 芝4勝のレース内容

 新馬勝ちがダートの1200メートルで、引退レースは有馬記念。その間に走った競馬場は11カ所にのぼり、うち9場で計12勝をマーク。1年のうちに中央・地方・海外でGI勝利をあげたこともある。
  全勝ち鞍の3分の2にあたる8勝はダートでのもの。ノボトゥルー、ウイングアロー、トーホウエンペラー、トーシンブリザードといった一線級を相手にマイルチャンピオンシップ南部杯やフェブラリーSを勝っている。
  だが、それよりも光るのが芝での実績だ。4勝は、いずれもGI。しかも、豪快な直線一気を決めたマイルチャンピオンシップ、絶対王者テイエムオペラオーを差し切った天皇賞・秋、堂々の追い比べで世界の強豪をねじ伏せた香港C、レコードタイムを記録した安田記念と、価値のある、そして印象にも残るレースばかり。縦横無尽の活躍を見せた、万能型の名馬だった。
(文=谷川善久)

映像 日付 開催 R レース名 距離 芝・ダート 馬場状態 頭数 馬番 人気 着順 タイム 騎手 上り3F 1(2)着馬
1999. 9.12 阪神 6 新馬 1400 ダート 7 4 2 2 1.26.6 福永祐一 37.9 マチカネラン
1999.10. 2 阪神 4 新馬 1200 ダート 8 7 1 1 1.13.0 福永祐一 36.5 (ツルマルアラシ)
1999.10. 9 京都 9 もみじS 1200 10 10 7 8 1.09.7 福永祐一 35.8 エンドアピール
1999.11. 7 京都 7 もちの木賞 1400 ダート 16 9 1 2 1.25.1 福永祐一 37.4 スリーフォーナイナ
1999.11.27 東京 6 500万下 1600 ダート 13 1 1 1 1.38.2 的場均 36.6 (ファインイレブン)
1999.12.23 川崎 10 全日本3歳優駿 1600 ダート 12 3 1 1 1.41.1 的場均 (ツルミカイウン)
2000. 2.20 東京 8 ヒヤシンスS 1600 ダート 12 11 3 3 1.37.8 的場均 38.7 ノボジャック
2000. 3.12 中山 11 クリスタルカップ 1200 16 4 8 3 1.10.3 的場均 36.5 スイートオーキッド
2000. 4. 8 中山 11 ニュージーランドT4歳S 1600 15 15 7 3 1.34.5 的場均 35.6 エイシンプレストン
2000. 5. 7 東京 11 NHKマイルカップ 1600 18 4 4 7 1.34.3 的場均 36.1 イーグルカフェ
2000. 6.14 名古屋 9 名古屋優駿 1900 ダート 12 8 3 1 1.59.8 的場均 (マイネルコンバット)
2000. 7.12 大井 9 ジャパンダートダービー 2000 ダート 16 7 1 14 2.09.3 的場均 マイネルコンバット
2000. 9.30 中山 11 ユニコーンS 1800 ダート 16 1 4 1 1.50.7 的場均 37.2 (マチカネラン)
2000.10.28 東京 11 武蔵野S 1600 ダート 16 11 4 2 1.35.6 的場均 36.6 サンフォードシチー
2000.11.19 京都 11 マイルチャンピオンシップ 1600 18 13 13 1 1.32.6 的場均 34.3 (ダイタクリーヴァ)
2001. 1. 5 京都 11 京都金杯 1600 16 9 3 3 1.33.8 的場均 34.3 ダイタクリーヴァ
2001. 5.13 東京 11 京王杯スプリングカップ 1400 18 15 4 9 1.20.7 四位洋文 34.4 スティンガー
2001. 6. 3 東京 11 安田記念 1600 18 12 6 11 1.34.1 四位洋文 35.9 ブラックホーク
2001. 9.19 船橋 10 日本テレビ盃 1800 ダート 9 7 3 1 1.51.2 四位洋文 (タマモストロング)
2001.10. 8 盛岡 10 マイルCS南部杯 1600 ダート 9 7 1 1 1.37.7 四位洋文 (トーホウエンペラー)
2001.10.28 東京 11 天皇賞(秋) 2000 13 10 4 1 2.02.0 四位洋文 35.4 (テイエムオペラオー)
2001.12.16 香港 8 香港カップ 2000 14 1 1 2.02.8 四位洋文 (TOBOUGG)
2002. 2.17 東京 11 フェブラリーS 1600 ダート 16 9 1 1 1.35.1 四位洋文 35.6 (トーシンブリザード)
2002. 3.23 アラブ首 7 ドバイワールドカップ 2000 ダート 11 1 6 ---- 四位洋文 STREETCRY
2002. 4.21 香港 8 クイーンエリザベス2世カップ 2000 14 1 2 2.02.6 四位洋文 エイシンプレストン
2003. 5. 1 名古屋 10 かきつばた記念 1400 ダート 12 3 4 4 1.25.9 四位洋文 ビワシンセイキ
2003. 6. 8 東京 11 安田記念 1600 18 3 4 1 1.32.1 四位洋文 33.7 (アドマイヤマックス)
2003. 6.29 阪神 11 宝塚記念 2200 17 2 3 13 2.13.7 四位洋文 37.9 ヒシミラクル
2003. 9.15 船橋 10 日本テレビ盃 1800 ダート 14 3 1 2 1.52.2 四位洋文 スターキングマン
2003.10.13 盛岡 10 マイルCS南部杯 1600 ダート 14 7 2 5 1.37.0 四位洋文 アドマイヤドン
2003.11. 2 東京 11 天皇賞(秋) 2000 18 11 4 17 2.00.4 四位洋文 35.8 シンボリクリスエス
2003.12.28 中山 9 有馬記念 2500 12 11 7 9 2.32.8 四位洋文 36.6 シンボリクリスエス

BACK