太平洋を渡った樫のヒロイン
シーザリオ

シーザリオ

2005年 オークス

2002年3月31日生 牝 青毛
父 スペシャルウィーク
母 キロフプリミエール(父 Sadler's Wells)
馬主/(有)キャロットファーム
調教師/角居勝彦(栗東)
生産牧場/ノーザンファーム(北海道・早来町)
通算成績/6戦5勝(うち海外1戦1勝)
主な勝ち鞍/05アメリカンオークス(米GI)
       05オークス(GI)
       05フラワーC(GIII)

●2005年のオークスでの見事な差し切り、黒い馬体が弾んでシーザリオ! の実況は今でも鮮明に覚えています(10代・男性)
●競走馬時代はもちろん、母としても活躍(30代・女性)
●アメリカンオークスの4馬身差圧勝は胸がスカッとした(30代・男性)

日本競馬界初となる アメリカGI 制覇の大偉業

 新馬、寒竹賞、フラワーCとデビュー3連勝を飾り、1番人気で桜花賞に臨んだシーザリオ。ここはラインクラフトにアタマ差及ばず2着に甘んじたものの、続く2戦で本領を発揮する。
  まずは第66回優駿牝馬。1000メートル通過63秒1のスローな流れの中、シーザリオは後ろから3~4頭目という苦しい位置取り。それでも直線では豪快なスパートを決め、執拗に内から馬体を併せてくるディアデラノビアを押さえ込み、その内で伸びたエアメサイアもクビ差交わしてのGI初制覇を飾る。
  さらに海を渡ってアメリカンオークスにも挑戦。ここでは一転、大外枠からダッシュよく飛び出して好位につけると、3コーナー先頭の積極策から押し切って4馬身差の圧勝。日米オークス制覇という快挙だけでなく、長らく日本の競馬界にとっての悲願だったアメリカGI 制覇の大偉業も成し遂げたのである。
(文=谷川善久)

映像 日付 開催 R レース名 距離 芝・ダート 馬場状態 頭数 馬番 人気 着順 タイム 騎手 上り3F 1(2)着馬
2004.12.25 阪神 6 新馬 1600 16 10 2 1 1.36.7 福永祐一 34.6 (ダンツクインビー)
2005. 1. 9 中山 9 寒竹賞 2000 16 11 4 1 2.01.6 福永祐一 35.3 (アドマイヤフジ)
2005. 3.19 中山 11 フラワーカップ 1800 14 2 1 1 1.49.0 福永祐一 34.4 (スルーレート)
2005. 4.10 阪神 11 桜花賞 1600 18 7 1 2 1.33.5 吉田稔 34.4 ラインクラフト
2005. 5.22 東京 11 オークス 2400 18 4 1 1 2.28.8 福永祐一 33.3 (エアメサイア)
2005. 7. 3 アメリカ 8 アメリカンオークス 2000 13 13 1 1.59.0 福永祐一 (MELHORAINDA)

BACK