HOME > 未来に語り継ぎたい名馬 > サッカーボーイ

その末脚“弾丸シュート”
サッカーボーイ

サッカーボーイ

1988年 函館記念

1985年4月28日生 牡 栃栗毛
父 ディクタス
母 ダイナサッシュ(父 ノーザンテースト)
馬主/(有)社台レースホース
調教師/小野幸治(栗東)
生産牧場/社台ファーム(北海道・白老町)
通算成績/11戦6勝
主な勝ち鞍/88マイルチャンピオンシップ(GI)
       87阪神3歳S(GI)
       88函館記念(GIII)
       88中日スポーツ賞4歳S(GIII)

●美しい馬体と「弾丸シュート」という言葉がぴったりの強烈な決め手(50代・女性)
●順調にクラシックを迎えていたらと、今でも思う(40代・男性)
●名馬は速く美しいだけでなく、華がなくてはダメ。サッカーボーイは全てを兼ね備えた馬(50代・女性)

短い競走生活に終わったが 潜在能力は間違いなく超一級

 オグリキャップやスーパークリークらからなる“最強世代”の一角。新馬戦が9馬身差、もみじ賞が10馬身差、阪神3歳Sは8馬身差の圧勝で、同期の中ではもっとも早くから逸材として騒がれた。
  皐月賞は回避、日本ダービーは15着とクラシックでは思うような結果を残せなかったが、復調してからは持てる素質を遺憾なく発揮。中日スポーツ賞4歳Sでは皐月賞馬ヤエノムテキを大外から交わし去って1着。函館記念ではメリーナイス、シリウスシンボリ、マックスビューティといった年長のGI 馬をまったく問題にせず、直線独走の5馬身差、1分57秒8の日本レコードを記録。マイルチャンピオンシップでは楽々と4馬身突き抜け、適距離とはいえぬ有馬記念でも力強い脚を使って3着に食い込んだ。
  裂蹄や骨折などのため短い競走生活に終わったが、その潜在能力は間違いなく超一級だった。
(文=谷川善久)

映像 日付 開催 R レース名 距離 芝・ダート 馬場状態 頭数 馬番 人気 着順 タイム 騎手 上り3F 1(2)着馬
1987. 8. 9 函館 3 新馬 1200 7 6 1 1 1.14.5 内山正博 39.2 (トウショウマリオ)
1987. 9.27 函館 9 函館3歳S 1200 12 8 3 4 1.12.9 内山正博 37.2 ディクターランド
1987.10.31 京都 9 もみじ賞 1600 9 3 1 1 1.36.4 内山正博 (ラガーブラック)
1987.12.20 阪神 11 阪神3歳S 1600 10 3 1 1 1.34.5 内山正博 (ダイタクロンシャン)
1988. 3. 6 東京 11 弥生賞 2000 12 8 1 3 2.01.5 内山正博 サクラチヨノオー
1988. 5. 8 東京 11 NHK杯 2000 16 14 1 4 2.02.4 河内洋 マイネルグラウベン
1988. 5.29 東京 10 日本ダービー 2400 24 22 1 15 2.28.0 河内洋 サクラチヨノオー
1988. 7. 3 中京 11 中日スポーツ賞4歳S 1800 11 6 2 1 1.48.9 河内洋 33.9 (ヤエノムテキ)
1988. 8.21 函館 10 函館記念 2000 14 13 1 1 1.57.8 河内洋 35.7 (メリーナイス)
1988.11.20 京都 10 マイルチャンピオンシップ 1600 17 14 1 1 1.35.3 河内洋 (ホクトヘリオス)
1988.12.25 中山 9 有馬記念 2500 13 5 3 3 2.34.3 河内洋 35.3 オグリキャップ

BACK