HOME > 未来に語り継ぎたい名馬 > スーパークリーク

“平成三強”のステイヤー
スーパークリーク

スーパークリーク

1988年 菊花賞

1985年5月27日生 牡 鹿毛
父 ノーアテンション
母 ナイスデイ(父 インターメゾ)
馬主/木倉誠氏
調教師/伊藤修司(栗東)
生産牧場/柏台牧場(北海道・門別町)
通算成績/16戦8勝
主な勝ち鞍/90天皇賞・春(GI) 89天皇賞・秋(GI) 88菊花賞(GI)

●競馬の面白さ、儚さ、全てを教えてくれた。ステイヤーの血は春天でいかんなく発揮。秋天も制覇していてスピード能力にも長けていた(40代・男性)
●天皇賞・秋が一番思い出に残ってます(40代・男性)
●武豊に初GI をプレゼント(30代・女性)

すべりこみで出走した菊花賞を快勝

 時代が平成に入り、オグリキャップ、イナリワンとともに、当時の「三強」と称された。1988年、回避馬が出て出走できた菊花賞を快勝して一気にトップホースの仲間入りを果たすと、89年の秋には前述の「三強」でバトルを展開。勝利を挙げたのは天皇賞だけだったが、ジャパンC4着、有馬記念2着と上位争いを繰り広げた。翌90年には春の天皇賞を制し、同レースの秋春連覇を達成している。
(文=三好達彦)

映像 日付 開催 R レース名 距離 芝・ダート 馬場状態 頭数 馬番 人気 着順 タイム 騎手 上り3F 1(2)着馬
1987.12. 5 阪神 6 新馬 2000 10 3 4 2 2.03.1 田原成貴 ファンドリデクター
1987.12.26 阪神 6 新馬 2000 16 2 1 1 2.03.7 田原成貴 (ロンググラシアス)
1988. 1. 5 京都 9 福寿草特別 2000 10 6 1 4 2.06.5 田原成貴 マイネルフリッセ
1988. 2.14 京都 11 きさらぎ賞 2000 8 6 4 3 2.04.5 南井克巳 マイネルフリッセ
1988. 3.19 阪神 10 すみれ賞 2200 9 3 3 1 2.18.8 武豊 (パワーウイナー)
1988. 9.25 阪神 11 神戸新聞杯 2000 10 8 4 3 2.05.5 武豊 ヤエノダイヤ
1988.10.16 京都 11 京都新聞杯 2200 16 15 4 6 2.15.6 武豊 ヤエノムテキ
1988.11. 6 京都 10 菊花賞 3000 18 17 3 1 3.07.3 武豊 (ガクエンツービート)
1988.12.25 中山 9 有馬記念 2500 13 7 4 2.34.1 武豊 35.6 オグリキャップ
1989.10. 8 京都 11 京都大賞典 2400 11 4 1 1 2.25.0 武豊 (ミスターシクレノン)
1989.10.29 東京 10 天皇賞(秋) 2000 14 14 2 1 1.59.1 武豊 (オグリキャップ)
1989.11.26 東京 10 ジャパンカップ 2400 15 6 1 4 2.22.7 武豊 ホーリックス
1989.12.24 中山 9 有馬記念 2500 16 4 2 2 2.31.7 武豊 36.4 イナリワン
1990. 4. 1 阪神 11 産經大阪杯 2000 9 1 1 1 2.02.9 武豊 (オサイチジョージ)
1990. 4.29 京都 10 天皇賞(春) 3200 16 5 1 1 3.21.9 武豊 (イナリワン)
1990.10. 7 京都 11 京都大賞典 2400 6 1 1 1 2.26.9 武豊 (リアルバースデー)

BACK