HOME > 未来に語り継ぎたい名馬 > ダンスインザダーク

ラスト一冠で輝いた良血馬
ダンスインザダーク

ダンスインザダーク

1996年 菊花賞

1993年6月5日生 牡 鹿毛
父 サンデーサイレンス
母 ダンシングキイ(父 Nijinsky)
馬主/(有)社台レースホース
調教師/橋口弘次郎(栗東)
生産牧場/社台ファーム(北海道・千歳市)
通算成績/8戦5勝
主な勝ち鞍/96菊花賞(GI)

●血統の魅力、ダービーという壁の厚さ、悲願のGI の重さ、怪我の宿命など競馬の様々な側面を教えてくれた(30代・男性)
●欧州でも相当やれたのではないかと悔やまれる(30代・男性)
●ダービーの借りを返した菊花賞の末脚にしびれた(30代・男性)

菊花賞で奇跡的な勝利を挙げる

 1996年、弥生賞を制してクラシック戦線の主役に躍り出たが、熱発のために皐月賞を回避。その後、1番人気で臨んだ日本ダービーでは、勝利を手中にしかけたところをフサイチコンコルドの強襲に遭い、クビ差で惜敗した。必勝を期して迎えた菊花賞では、最後の直線入口で行き場を失ったものの、そこから馬群を縫うようにして奇跡的な勝利を挙げた。しかし直後、屈腱炎を発症してターフを去った。
(文=三好達彦)

映像 日付 開催 R レース名 距離 芝・ダート 馬場状態 頭数 馬番 人気 着順 タイム 騎手 上り3F 1(2)着馬
1995.12. 3 阪神 4 新馬 1600 11 2 1 1 1.35.3 武豊 35.6 (マチカネヒガノボル)
1995.12.23 阪神 11 ラジオたんぱ杯3歳S 2000 15 2 2 3 2.03.3 武豊 35.5 ロイヤルタッチ
1996. 2. 4 京都 11 きさらぎ賞 1800 10 3 2 2 1.48.2 武豊 34.7 ロイヤルタッチ
1996. 3. 3 中山 11 弥生賞 2000 13 5 2 1 2.02.7 武豊 35.1 (ツクバシンフォニー)
1996. 5.11 東京 10 プリンシパルS 2200 13 2 1 1 2.13.9 武豊 34.8 (トピカルコレクター)
1996. 6. 2 東京 9 日本ダービー 2400 18 3 1 2 2.26.1 武豊 35.0 フサイチコンコルド
1996.10.13 京都 11 京都新聞杯 2200 11 9 1 1 2.14.1 武豊 34.5 (カシマドリーム)
1996.11. 3 京都 10 菊花賞 3000 17 17 1 1 3.05.1 武豊 33.8 (ロイヤルタッチ)

BACK