HOME > 未来に語り継ぎたい名馬 > アイネスフウジン

快足の日本ダービー馬
アイネスフウジン

アイネスフウジン

1989年 朝日杯3歳S

1987年4月10日生 牡 黒鹿毛
父 シーホーク
母 テスコパール(父 テスコボーイ)
馬主/小林正明氏
調教師/加藤修甫(美浦)
生産牧場/中村幸蔵氏(北海道・浦河町)
通算成績/8戦4勝
主な勝ち鞍/90日本ダービー(GI) 89朝日杯3歳S(GI)

●敗れた皐月賞が一番印象深い。二番目は勝ったダービー(50代・男性)
●中野騎手のダービー逃げ切りは忘れられない。「ナカノ・コール」も印象深い(40代・男性)
●ダービーの馬券は外れましたが、あの日、競馬場へ行って本当に良かった(40代・男性)

ウイニングランで巻き起こった「ナカノ・コール」

 1989年の最優秀旧3歳牡馬にして、第57代日本ダービー馬である。皐月賞ではスタート後に不利を受けて2着に敗れたが、日本ダービーでは鞍上の中野栄治騎手に導かれて果敢な逃げを打つと、直線でも末脚を伸ばし、追い込むメジロライアンを封じて戴冠を果たした。ウイニングランで巻き起こった「ナカノ・コール」が、いまやGI レース後の恒例となった「コール」の初めての例と言われている。
(文=三好達彦)

映像 日付 開催 R レース名 距離 芝・ダート 馬場状態 頭数 馬番 人気 着順 タイム 騎手 上り3F 1(2)着馬
1989. 9.10 中山 3 新馬 1600 11 8 2 2 1.36.1 中野栄治 37.5 フジミワイメア
1989. 9.23 中山 2 新馬 1600 8 4 1 2 1.35.5 中野栄治 36.9 カネショウナイト
1989.10.22 東京 2 未勝利 1600 8 1 1 1 1.36.0 中野栄治 (タイフウオーザ)
1989.12.17 中山 11 朝日杯3歳S 1600 15 8 5 1 1.34.4 中野栄治 37.4 (サクラサエズリ)
1990. 2.11 東京 11 共同通信杯4歳S 1800 8 1 1 1 1.49.5 中野栄治 (ワイルドファイアー)
1990. 3. 4 中山 11 弥生賞 2000 14 8 1 4 2.05.8 中野栄治 39.7 メジロライアン
1990. 4.15 中山 10 皐月賞 2000 18 2 1 2 2.02.2 中野栄治 37.6 ハクタイセイ
1990. 5.27 東京 9 日本ダービー 2400 22 12 3 1 2.25.3 中野栄治 36.6 (メジロライアン)

BACK