HOME > 未来に語り継ぎたい名馬 > サニーブライアン

堂々たる二冠馬
サニーブライアン

サニーブライアン

1997年 皐月賞

1994年4月23日生 牡 鹿毛
父 ブライアンズタイム
母 サニースイフト(父 スイフトスワロー)
馬主/宮崎守保氏
調教師/中尾銑治(美浦)
生産牧場/村下フアーム(北海道・浦河町)
通算成績/10戦4勝
主な勝ち鞍/97日本ダービー(GI) 97皐月賞(GI)

●絶対に逃げ切る! という気迫とともに人馬一体で駆け抜けた姿は子供だった私に鮮烈な印象を残した(20代・男性)
●ダービーがベストレース。直線坂下からが最高!(30代・男性)
●馬と騎手や調教師など人間との物語に心惹かれます(30代・男性)

鞍上の名セリフが強い印象を残す

 1997年の春季クラシック二冠馬。11番人気で臨んだ皐月賞ではレース途中から先頭を奪い、そのまま粘り切って優勝。日本ダービーも6番人気の低評価だったが、果敢に逃げを打つと、猛追するシルクジャスティスに1馬身差をつけて逃げ切り勝ちを収めた。大西直宏騎手の「1番人気はいらない、1着だけ欲しい」という名セリフが強い印象を残した。レース後に骨折が判明し、復帰は叶わなかった。

(文=三好達彦)

映像 日付 開催 R レース名 距離 芝・ダート 馬場状態 頭数 馬番 人気 着順 タイム 騎手 上り3F 1(2)着馬
1996.10. 5 東京 3 新馬 1800 13 8 3 1 1.50.4 大西直宏 35.2 (スカラシップ)
1996.11. 2 東京 9 百日草特別 1800 12 6 2 5 1.50.3 大西直宏 38.4 クリスザブレイヴ
1996.11.17 東京 11 府中3歳S 1800 13 2 2 7 1.50.6 大西直宏 36.4 ゴッドスピード
1996.12.15 中山 7 ひいらぎ賞 1600 16 11 3 5 1.37.0 大西直宏 37.0 スピードワールド
1997. 1. 6 中山 9 若竹賞 2000 16 7 4 2 2.04.7 大西直宏 38.4 ファンネルマーク
1997. 1.18 中山 9 ジュニアカップ 2000 7 3 4 1 2.03.7 大西直宏 36.5 (トキオエクセレント)
1997. 3. 2 中山 11 弥生賞 2000 14 4 5 3 2.03.3 大西直宏 36.9 ランニングゲイル
1997. 3.22 中山 11 若葉S 2000 16 1 1 4 2.04.3 大西直宏 38.5 シルクライトニング
1997. 4.13 中山 10 皐月賞 2000 18 18 11 1 2.02.0 大西直宏 36.5 (シルクライトニング)
1997. 6. 1 東京 9 日本ダービー 2400 18 18 6 1 2.25.9 大西直宏 35.1 (シルクジャスティス)

BACK