HOME > 未来に語り継ぎたい名馬 > カツラギエース

世界を倒した日本のエース
カツラギエース

カツラギエース

1984年 宝塚記念

1980年4月24日生 牡 黒鹿毛
父 ボイズィーボーイ
母 タニノベンチャ(父 ヴェンチア)
馬主/野出長一氏→野出一三氏
調教師/土門一美(栗東)
生産牧場/片山専太郎氏(北海道・三石町)
通算成績/22戦10勝
主な勝ち鞍/84ジャパンC(GI) 84宝塚記念(GI)

●ジャパンCを初めて勝った功績は大きい。競馬関係者の世界観が変わりました(40代・男性)
●ジャパンCで初めて勝った日本馬。華麗な逃げに感動(50代・男性)
●無敗の三冠馬シンボリルドルフに初めて土をつけた日本馬。スゴイ!(50代・男性)

三冠馬相手にジャパンCを逃げ切り勝ち

 ジャパンCに初めて優勝した日本馬として知られる個性派。宝塚記念で初めてビッグレースを制した1984年、天皇賞・秋5着を経て臨んだジャパンCでは、ミスターシービー、シンボリルドルフの両三冠馬に注目が集まっていたが、西浦勝一騎手の導きで強気に先頭を奪ったカツラギエースは、そのままスイスイと逃げ切り勝ち。日本のファンのみならず、世界の関係者をもアッと言わせた。
(文=三好達彦)

映像 日付 開催 R レース名 距離 芝・ダート 馬場状態 頭数 馬番 人気 着順 タイム 騎手 上り3F 1(2)着馬
1982. 9.19 阪神 6 新馬 1200 14 7 1 1.10.4 崎山博樹 (クリヤーランサー)
1982.10. 3 阪神 8 萩特別 1400 12 12 2 1.23.1 崎山博樹 メジロモンスニー
1982.10.16 京都 8 りんどう特別 1200 8 8 1 1.10.3 崎山博樹 (タケノヒエン)
1982.11.27 京都 10 ラジオたんぱ賞3歳S 1600 7 2 3 1.36.6 崎山博樹 メジロモンスニー
1983. 2.20 京都 10 4歳S 1600 13 13 13 1.39.8 崎山博樹 ウズマサリュウ
1983. 3.19 阪神 9 春蘭賞 2000 12 7 1 2.04.5 崎山博樹 (ペルセポリス)
1983. 4.17 中山 10 皐月賞 2000 20 3 11 2.10.4 崎山博樹 ミスターシービー
1983. 5. 8 東京 11 NHK杯 2000 16 15 1 2.02.9 崎山博樹 (ブルーダーバン)
1983. 5.29 東京 9 日本ダービー 2400 21 7 6 2.30.7 崎山博樹 ミスターシービー
1983. 6.26 中京 7 中京4歳特別 1400 12 8 2 1.23.0 崎山博樹 ニホンピロウイナー
1983.10. 2 阪神 11 神戸新聞杯 2000 11 6 2 2.01.1 崎山博樹 スズカコバン
1983.10.23 京都 11 京都新聞杯 2000 15 3 1 2.02.0 西浦勝一 (リードホーユー)
1983.11.13 京都 10 菊花賞 3000 21 18 20 3.12.6 西浦勝一 ミスターシービー
1984. 3.11 阪神 11 鳴尾記念 2500 15 7 4 2.35.1 西浦勝一 ハシローディー
1984. 4. 1 阪神 11 大阪杯 2000 14 12 1 2.00.6 西浦勝一 (ロンググレイス)
1984. 6. 3 阪神 10 宝塚記念 2200 14 7 1 2.12.4 西浦勝一 (スズカコバン)
1984. 6.24 中京 11 高松宮杯 2000 8 5 5 2.04.4 西浦勝一 キョウエイレア
1984.10. 7 東京 10 毎日王冠 1800 9 5 1 1.47.5 西浦勝一 (ミスターシービー)
1984.10.28 東京 10 天皇賞(秋) 2000 15 7 5 1.59.5 西浦勝一 ミスターシービー
1984.11.25 東京 10 ジャパンカップ 2400 14 10 1 2.26.3 西浦勝一 (ベッドタイム)
1984.12.23 中山 10 有馬記念 2500 11 9 2 2.33.1 西浦勝一 シンボリルドルフ

BACK