2014/04/27 (日)

クイーンエリザベス2世カップデー

いよいよ、現地リポート最終日!

 

  

 

取材期間中は、ずっと天気が良くなかったのですが、レース当日にようやく待望の快晴です。

 

  

 

早くから多くのお客さんが詰めかけています。中にはエピファネイアの熱狂的なファンの姿も!

さて、レース当日の映像はこちらをご覧ください。

クイーンエリザベス2世カップデー

 

レース後の福永騎手、角居調教師、矢作調教師インタビューはこちらです。

⇒4/27 福永騎手角居調教師矢作調教師インタビュー

 

現地リポートが進むにつれてエピファネイアアンコイルドに思い入れが出てきたので、ぜひとも日本馬の勝利を期待していたのですが

どうなるかわからないのが競馬…非常に残念ですが、仕方がありません。

2頭とも今回の海外遠征経験を糧に、益々飛躍してくれることでしょう。

今後の活躍に期待して、ブログ更新を終わります。

ありがとうございました。

 

2014/04/26 (土)

いよいよ決戦の時!直前情報

こんにちは。香港滞在5日目を迎えたレーシングビュアースタッフです。

昨日金曜日は、香港の街を探索して参りました。

まず、向かった先はハッピーバレー競馬場

 

​  

 

街の中にたたずむ立派な競馬場です。残念ながら滞在期間中はレースが行われていませんが、面白い光景を見つけました。

 

  

 

コースの内側は立派なサッカーグラウンド。また、多くの市民がコースの内側をグルグルとランニングしていました。

競馬場の隣には香港賽馬(競馬)博物館が隣接していて、競馬関連グッズを購入できます。

 

次に、灣仔(ワンジャイ)に戻りフェリーに乗って香港島から九龍方面へ。

 

  

 

海沿いを歩いていると、足下には…

 

  

 

その先、人集りの中に見えたのはなんと!

 

  

 

香港アクションスターの銅像がありました。

この後は地下鉄に乗るため駅に向かいます。

 

  

 

香港に来て一番の驚きは何といってもこの交通量!バスやタクシーが数えきれないほど流れています。

地下鉄に乗り目指した先は深水埗(サムスイポー)。

 

  

 

人で溢れていて、香港の下町といったところです。

 

夜は、クイーンエリザベス2世カップの「Gala Party」に出席しました。

 

  

 

セレモニーの後はディナーが振る舞われ、生バンド演奏付き…なんとも盛大な祝賀パーティーでした。

 

  

 

さて、いよいよレース前日を迎えました。

今朝のエピファネイアアンコイルドの映像はこちらです。

⇒ 4/26(土) エピファネイアとアンコイルド

 

そして、エピファネイア角居勝彦調教師にお話を伺いました!

角居調教師インタビュー

 

オーストラリアでは、オールエイジドステークス(G1)をハナズゴールが制しました。

日本馬の勢いはまだまだ止まりません。クイーンエリザベス2世カップ

エピファネイアアンコイルドの活躍に期待しましょう!

2014/04/24 (木)

最終追い切り、そして気になる枠番は・・・

本日も香港よりお届けします。

 

 

最終追い切り当日、雨は昨日ほど強くはないもののなかなか降り止みません。

そんな天気の中、迫力満点の大型ビジョンに注目。

 

  

 

東京競馬場を彷彿させるような、マルチ大画面に追い切りの様子が映し出されています。

競馬場内では、追い切りを行っている馬の紹介アナウンスが流れていました。競馬開催が無いのに、なんとも豪華ですね。

 

  

 

そしていよいよ、エピファネイアアンコイルドが馬場入り。

最終追い切りの映像はこちらです。

⇒ 4/24(木) エピファネイアアンコイルド最終追い切り

 

2頭とも、比較的軽めのメニューを順調に消化しました。エピファネイアは、追い切り後パドックをスクーリングしました。

 

  

 

追い切りの撮影を終えると、今度は別の会場で行われる「Barrier Draw」(枠番抽選会)に向かうため、バスに乗り込みます。

 

  

 

会場は関係者で溢れ、また一般の方もこの抽選会を観ることができます。

 

 

始まる前には、福永騎手が取材を受けていました。

そしてついに抽選会スタートです!

 

  

 

えっ?まさかいきなり発表…いえ、ディスプレイに映し出されているのは、枠番ではありません。

 

 

右側にある金色の馬の形をした置き物には、シールが貼られ各出走馬の名前が隠れていて、さらに右側のボードには枠番が隠れているようです。

シールをはがした馬の置き物に名前のあった出走馬の関係者が、ボードを順に引くのです。

気になる抽選会の模様はこちらです。

枠番抽選会

 

そして、最終追い切りを終えた2頭についてインタビューしました。

福永祐一騎手矢作調教師インタビュー

 

 

 

 

  

 

福永騎手のガッツポーズ、枠順は希望通りだったようですね。

 

  

 

こうして抽選会は幕を閉じました。

 

次回は、香港の街をリポートします。

それではまた。

 

2014/04/23 (水)

シャティン取材初日はあいにくの雨。

現地香港からリポートします!

 

 

海外取材初日はあいにくの雨模様…ホテルからシャティン競馬場に向かう道も少し混んでいました。

 

  

 

初めて訪れたシャティン競馬場、その雄大さは日本の競馬場に近いイメージです。

 

 

競馬場内には、いよいよ今週末に控えたクイーンエリザベス2世カップと、翌週行われるチャンピオンズマイル

告知が大きく目立ちます。

さて、カメラ撮影をしていると間もなくエピファネイアアンコイルドが馬場入りするとの情報が入りました。

 

  

 

それでは、2頭の運動の様子を映像でご覧ください。

⇒ 4/23(水) エピファネイアアンコイルド運動の様子

 

2頭とも、強めのメニューを消化しました。

時を同じくして、南アフリカから参戦する2頭(ゼッケン3番:VERCINGETORIX、5番:SANSHAAWES)も運動を行いました。

 

  

 

エピファネイアアンコイルドのライバルに、果たしてなるのでしょうか。

明日4/24(木)は、日本馬2頭の最終追い切りを予定しています。

エピファネイアは、クイーンエリザベス2世カップをエイシンプレストンで連覇している福永祐一騎手が騎乗予定。

一体どのような調整が見られるでしょうか。

 

 

2014/04/18 (金)

がんばれニッポン、ドバイに続け! レーシングビュアー特設サイトOPEN!!

こんにちは。レーシングビュアースタッフです。

この度、クイーンエリザベス2世カップ に出走を予定しているエピファネイア アンコイルドの2頭を

取材することが決定しました。

香港から、現地最新映像をお届けしますので是非、皆様ご覧ください!

 

まずはエピファネイアのご紹介。

昨年の菊花賞でGI初制覇。実に圧巻の強さでしたね。

 

前走は、今年初戦となった産経大阪杯(GII)…仕上がりは決して、悪くないように見えました。

パドック映像

このコンテンツを見るためにはJavaScriptを有効にしてください。Please enable JavaScript to watch this content.

 

8頭立てのレースは後方を進み、直線伸びるもダービー馬・キズナに外から差され3着。

産経大阪杯レース映像

 

レース後は順調な様子で、4/17(木)に国内最終追い切りを消化しました。

エピファネイア国内最終追い切り

 

本番で騎乗を予定している福永騎手は、先日のドバイデューティフリー(G1)をジャスタウェイで快勝。

福永祐一騎手インタビュー映像

 

コメントから、福永騎手の海外G1連勝を期待してしまいます。

 

続いてアンコイルド

 

昨年4連勝でオープン特別・白富士Sを制して、秋の天皇賞では4着に好走。着実に力を付けている1頭です。

白富士Sレース映像

 

アンコイルド国内最終追い切り渋田調教助手インタビュー映像

 

2頭を映像でご紹介しましたが、JRA公式動画配信サービス「レーシングビュアー」なら、月額500円(税別)で調教映像

(重賞レース・デビュー前2歳馬他)、全レースパドック、過去のレース(2002年~、GIレースは1984年~)がご覧いただけます。

 

 

また「JRA-VANアプリ」を使えば、スマートフォンでも視聴できますので、ぜひお試しください。

次回は、現地香港より更新します!