新種牡馬紹介

BACK

シルバーチャーム(SILVER CHARM)
1994年生 芦毛 米国産
初年度産駒 72頭
シルヴァーバック
Silver Buck
芦 1978
バックパサー
シルヴァートゥルー
ボニーズポーカー
Bonnie's Poker
黒鹿 1982
ポーカー
ワットアサプライズ

血統
 父のシルヴァーバック(その父バックパサー)はサバーバンHなど米G1を2勝。他の産駒にフォーエヴァーシルヴァー(ブルックリンH)などのG1勝ち馬がある。母のポニーズポーカーは北米で63戦11勝のタフな馬。母の父ポーカーは、米3冠馬シアトルスルーの母の父として名高い。

プロフィール
 1994年、米国フロリダ州生産。芦毛。R&B.ルイス夫妻の所有馬として、南カリフォルニアの名門B.バファート厩舎へ。旧3〜6歳時24戦12勝、収得賞金694万4369ドルは米史上7位だった。名手G.スティーヴンスが主戦騎手を務め、ケンタッキーダービー、プリークネスSの2冠をともにアタマ差で勝ったが、3冠目のベルモントSはタッチゴールドに3/4馬身及ばず2着。旧5歳時はドバイワールドCを短頭差で制し、BCクラシックは2着。大レースを小差で勝つ勝負根性に光るものがあった。他に3冠前のサンタアニタダービー勝ちがあり(これもアタマ差)、G1勝ちは4つ。米誌ブラッドホース選出の「20世紀名馬百頭」の第63位に推され、2007年にはアメリカ競馬博物館の名誉の殿堂に顕彰された。
 1999年、旧6歳時(5戦1勝)を最後に引退、翌2000年からケンタッキーのスリーチムニーズ牧場で種牡馬。JRAに購買され、05年から日本軽種馬協会静内種馬場で供用。07年の種付けシーズン後に同協会七戸種馬場(青森)へ移された。日本での初年度配合は102頭、産駒72頭。その後、06年28頭、07年26頭と配合数が減少。初年度から大物を出したい。米国時代の産駒にプリーチンアットザバー(米G2サンフェリペS)などの重賞勝ち馬がある。


シルバーチャーム産駒登録馬一覧
馬名 性齢 母名 厩舎 成績
ウインリーズン 牡2 ウインミュートス 美浦・加藤征弘 3戦0勝
カシマチャンピオン 牡2 シュバルブラン 美浦・高市圭二 未出走
グリーンスターズ 牡2 カズサヒロイン 美浦・小林常泰 未出走
コスモナミソラ 牝2 ブイエクスプレス 美浦・池上昌弘 未出走
ステファナイト 牝2 イシノステファニー 美浦・成島英春 未出走
セレスアシュリー 牝2 ミシシッピーミス 美浦・岩戸孝樹 1戦0勝
ニシノリスペクト 牡2 ニシノブルーライト 美浦・上原博之 未出走
フライトマイル 牝2 グローバルカード 美浦・武市康男 3戦0勝
ホワイトエンジェル 牝2 タカイチフラワー 美浦・鈴木勝美 未出走
マルチョウティアラ 牝2 クラウンガルチ 美浦・二本柳俊一 未出走
マンダリンシルバー 牡2 マンダリンムーン 美浦・伊藤正徳 未出走
ローランアンバー 牝2 センゴクアンバー 美浦・水野貴広 未出走
ウインザモチ 牡2 ベネットクィーン 栗東・境直行 2戦0勝
オンワードシルバー 牡2 オンワードウィナー 栗東・目野哲也 未出走
ギガブレイク 牡2 パトリシアローズ 栗東・北出成人 未出走
ケイエスチェリー 牝2 ケイエスホノカ 栗東・高橋成忠 未出走
シルバーキング 牡2 マチカネナナエヤエ 栗東・高橋隆 未出走
シルバービート 牝2 スターマレイン 栗東・岡田稲男 未出走
シルバーフィールド 牡2 インディペンデンス 栗東・清水出美 2戦0勝
チャームメイク 牝2 トロピカルメイク 栗東・鮫島一歩 2戦0勝
ドンドドーン 牡2 ヒダカビギン 栗東・友道康夫 1戦0勝
ハギノリベラ 牡2 ハギノスプレンダー 栗東・鮫島一歩 未出走
ホッコーフクヒメ 牝2 ホッコーシャープ 栗東・飯田明弘 未出走
マキハタスプーン 牝2 マキハタスペシャル 栗東・新川恵 未出走
マコトバンクウ 牡2 マコトコーラン 栗東・中村均 5戦0勝
ミスズチャンドラー 牡2 ミスズファイヤー 栗東・加藤敬二 未出走
ミヤジダイキチ 牡2 ケイアイバラード 栗東・川村禎彦 未出走
リーディングパート 牡2 パワーオブラブ 栗東・鶴留明雄 2戦0勝
2008年9月8日現在、JRAのみ

このページのトップへ

メニュー

トップ
JRAレース速報
2歳馬調教
2歳戦プレイバック
夏競馬TOPICS
新種牡馬紹介