2008年 第68回 皐月賞

弥生賞、スプリングS制した関東馬が、H16年皐月賞(ダイワメジャー)以来12戦ぶりとなる牡馬クラシックでの勝利を目指します。現在、牡馬クラシック競走では、関西馬が最多の11連勝を記録しており、関東勢は3年間勝ち星から遠ざかっています。しかし、現3歳牡馬を対象とした重賞で、中山・東京で施行したレースは、4月6日終了現在、すべて関東馬が優勝しています。今年、関東勢は重賞2勝馬マイネルチャールズを筆頭にショウナンアルバ、スマイルジャックなど9頭が登録していますが、12戦ぶりに大旗を手にすることができるかどうか。

注目馬情報

| マイネルチャールズ | ショウナンアルバ | スマイルジャック | ブラックシェル | ノットアローン | レインボーペガサス |

マイネルチャールズ 牡3歳 美浦 稲葉隆一厩舎 父:ブライアンズタイム 母:マイネプリテンダー

世代唯一の重賞2勝馬マイネルチャールズ(牡、美浦・稲葉隆一厩舎)が、牡馬クラシック第一弾の皐月賞に挑みます。今年のクラシック戦線は、牡・牝ともに混戦の様相を呈しており、弥生賞が終わるまで“重賞2勝馬不在”の状況が続いていました。マイネルチャールズは、皐月賞と同じ「中山・芝2000メートル戦」で4戦3勝、2着1回(連対率100%)の成績を残しており、現在、ホープフルS→京成杯(JpnIII)→弥生賞(JpnII)と3連勝中です。果たして、マイネルチャールズはトライアル同様、本番でも勝利を飾り、戦国クラシックのトップに立つことができるかどうか。騎乗予定の松岡騎手は、昨年、15番人気のサンツェッペリンでハナ差の2着に敗れましたが、今年は勝利を手にすることができるかどうか。
ピックアップレース
2008. 3. 9 弥生賞(JpnII) 1着
2008. 1.20 京成杯(JpnIII) 1着

前走パドック
2008. 3. 9 弥生賞(JpnII) 1着
直前追い切り
4.16 美浦
 

関係者インタビュー
稲葉隆一調教師  
  松岡正海騎手  


ショウナンアルバ 牡3歳 美浦 二ノ宮敬宇厩舎 父:ウォーエンブレム 母:シャンラン

共同通信杯優勝馬ショウナンアルバ(牡、美浦・二ノ宮敬宇厩舎)は、1番人気に支持されたスプリングS(JpnII)で3着に敗れました。同馬は、3戦目の若竹賞(500万下)を逃げ切りで優勝。前走も3コーナー付近で先頭に立ちましたが、今回はどういった戦法で挑むのでしょうか。なお、鞍上には前走に引き続き蛯名正義騎手が騎乗する予定で、皐月賞14度目の挑戦で皐月賞初制覇を目指します。ちなみに昨年の皐月賞では、2コーナー付近で先頭に立ったヴィクトリーが、サンツェッペリンとの叩き合いを制し優勝しました。
ピックアップレース
2008. 2.11 共同通信杯(JpnIII) 1着

前走パドック
2008. 3.23 スプリングS(JpnII) 3着
直前追い切り
4.16 美浦
 

関係者インタビュー
二ノ宮敬宇調教師  


スマイルジャック 牡3歳 美浦 小桧山悟厩舎 父:タニノギムレット 母:シーセモア

スプリングS(JpnII)優勝馬スマイルジャック(牡、美浦・小桧山悟厩舎)はH14年皐月賞3着馬タニノギムレットの産駒です。父はその後ダービーを制覇しました。またタニノギムレットの初年度産駒ウオッカは昨年のダービーを制しています。今年スマイルジャックが優勝すれば、スプリングS勝ち馬の皐月賞制覇は平成18年メイショウサムソンに続き14頭目の勝利となります。スマイルジャックを管理する小桧山調教師は、H12年の皐月賞(10着ニシノアラウンド)以来8年ぶりのクラシック挑戦で、スマイルジャック、ベンチャーナインの2頭を登録しています。同師は、H8年3月の開業で、4月6日終了現在のJRA通算成績は2760戦89勝ですが、地方交流戦では現役3位となる63勝を挙げています。
ピックアップレース
2008. 3.23 スプリングS(JpnII) 1着  

前走パドック
2008. 3.23 スプリングS(JpnII) 1着
直前追い切り
4.16 美浦
 

関係者インタビュー
小桧山悟調教師  
  小牧太騎手  


ブラックシェル 牡3歳 栗東 松田国英厩舎 父:クロフネ 母:オイスターチケット

武豊騎手とのコンビで挑むブラックシェル(牡、栗東・松田国英厩舎)は、ホープフルSと弥生賞(JpnII)でマイネルチャールズの2着(ともに3/4馬身差)に敗れました。武騎手は、皐月賞で最多タイの3勝を挙げており、H5年には弥生賞2着馬ナリタタイシン、H12年にも弥生賞2着馬エアシャカールで優勝しています。果たして、ブラックシェルはマイネルチャールズとの3度目の対決を制し、GI制覇を飾ることができるかどうか。また、同馬を管理する松田国英師は、“3歳限定GI”7競走のうち皐月賞と菊花賞を除く5つのレースで優勝しており、Vなら、史上5人目のクラシック完全V&史上初の3歳GI完全Vに王手となります。
ピックアップレース
2008. 1. 6 福寿草特別 1着  

前走パドック
2008. 3. 9 弥生賞(JpnII) 2着  
直前追い切り
4.16 栗東
 

関係者インタビュー
松田国英調教師  
  武豊騎手  


ノットアローン 牡3歳 栗東 橋口弘次郎厩舎 父:アグネスタキオン 母:ソニンク

アグネスタキオン産駒ノットアローン(牡、栗東・橋口弘次郎厩舎)は、トウショウボーイとミスターシービー、シンザンとミホシンザン、ハイセイコーとハクタイセイ、シンボリルドルフとトウカイテイオーに続き史上5組目となる皐月賞親子制覇を目指します。ノットアローンは前走、指定オープンの若葉ステークスを逃げ切って皐月賞の出走権利を手にしました。皐月賞でノットアローンに騎乗予定の藤岡佑介騎手は4月6日終了現在リーディング8位(24勝)と好調で、昨年の皐月賞では若葉S勝ち馬のヴィクトリーが優勝しており、同コンビの走りが注目されるところです。管理する橋口弘次郎調教師はノットアローンが皐月賞出走10頭目で、H12年に1番人気で出走したダイタクリーヴァの2着がありますが、今年こそ皐月賞優勝なるか。
ピックアップレース
2008. 3.22 若葉S 1着

前走パドック
2008. 3.22 若葉S 1着
直前追い切り
4.17 栗東
 

関係者インタビュー
橋口弘次郎調教師  
  藤岡佑介騎手  


レインボーペガサス 牡3歳 栗東 鮫島一歩厩舎 父:アグネスタキオン 母:ギャンブルローズ

芝の初勝利を重賞のきさらぎ賞で飾ったレインボーペガサス(牡、栗東・鮫島一歩厩舎)が父に続き、GI皐月賞制覇に挑戦します。父のアグネスタキオンは、H13年に4戦無敗の成績で皐月賞制覇を成し遂げました。その後、屈腱炎のため引退を余儀なくされましたが、種牡馬となってからも好成績を残しており、今年は4月6日終了現在でJRAリーディング1位、さらに現3歳世代によるJRA勝利数でトップの成績を残しています。また、レインボーペガサスに騎乗予定の安藤勝己騎手は、3歳限定GT7競走のうち皐月賞、オークスを除く5競走で優勝しており、今回Vなら、史上6人目となるクラシック完全制覇&武豊騎手以来2人目となる3歳限定GI完全Vに王手となります。
ピックアップレース
2008. 2.17 きさらぎ賞(JpnIII) 1着  

前走パドック
2008. 3.23 スプリングS(JpnII) 7着
直前追い切り
4.16 栗東
 



調教映像

特別競走登録馬を中心に追い切り当日(水曜・木曜日)に公開。
また調教バックナンバーもご覧いただけます。
調教映像はこちら

皐月賞登録馬の1週前追い切り

プレイバック

過去のレース動画はこちら

GI特集バックナンバー

過去のGI特集はこちら



本サイトに掲載しております情報は万全を期しておりますが、必ずJRA発表のものと照合し確認してください。なお掲載しております出走予定馬・騎乗予定騎手は2008年4月13日の情報に基づいて制作しております。