18854b

HOME > GI特集 > 2018年11月11日(日) 京都競馬場 第43エリザベス女王杯特集

2018年11月11日(日) 京都競馬場
43エリザベス女王杯特集

レースのみどころ

 今週京都競馬場では、秋の牝馬No.1決定戦「エリザベス女王杯」が行われます。
 昨年の優勝馬モズカッチャン(4歳、栗東・鮫島一歩厩舎)がエリザベス女王杯の連覇に挑みます。今年は牡馬を相手に3戦未勝利ですが、1年振りの勝利を連覇で飾れるでしょうか。
 前哨戦の府中牝馬S2着のリスグラシュー(4歳、栗東・矢作芳人厩舎)、前走の京都大賞典でGI2勝馬サトノダイヤモンドに1/2馬身差の2着に迫ったレッドジェノヴァ(4歳、美浦・小島茂之厩舎)、今回が4度目のエリザベス女王杯参戦になるスマートレイアー(8歳、栗東・大久保龍志厩舎)にも注目です。
 今年の3歳馬は、ローズSを勝ち、秋華賞で3着に入ったカンタービレ(栗東・中竹和也厩舎)と、紫苑S優勝馬ノームコア(美浦・萩原清厩舎)の2頭が牝馬の頂点を目指します。
 はたして“女王”の座を射止めるのはどの馬でしょうか。

  • ・本サイトに掲載しております情報は万全を期しておりますが、必ずJRA発表のものと照合し確認してください。なお掲載しております出走予定馬・騎乗予定騎手は2018年11月4日(日)現在の情報に基づいて制作しております。
  • ・前走パドックの映像は、中央・地方主催レースのみとなります。海外出走レースは、ありませんのでご了承ください。