• 読書?『優駿』と『競馬四季報』と『競馬ブック』です。

    1987年12月号 JOCKEY ZOOM UP

  • ああ、やっと勝てたな、という気持ちと、もう勝ってしまったのかというのが、入り混じるような感じ。

    1988年12月号 杉本清の競馬談義

  • 初めて枠順を見た時には、さすがにガッカリしました。

    1989年6月号 第49回桜花賞 シャダイカグラ

  • 初戦でね、ポニーに誘導されて入場行進するとき、
    ああアメリカで乗ってるんだなあっていう快感でゾクゾクしました。

    1989年11月号 武豊 アメリカを語る。

  • ただぼく自身のことをいうと、きょうは全部が満足なわけじゃない。

    1990年3月号 第25回京都牝馬特別 リキアイノーザン

  • ああ、かっこよく乗れたと思う時は勝てるし。逆にかっこ悪い乗り方をした、と思う時は負けてますしね。

    1994年1月号 武豊「ぼくが海外にこだわる理由」

  • 朝日杯の後に言ったことが、本当だったと信じてもらえたでしょ(笑)。

    1997年5月号 第34回弥生賞 ランニングゲイル

  • ベテラン、なんて呼ばれたらどうしようかと思いますね。その言葉の響き、大嫌いなんです。

    1998年2月号 1997年JRA賞決定

  • チャンスっていつもあるわけじゃないと思うんですよ。

    2001年7月号 欧州競馬の魅力

  • 偉大な人たちが引退されていくと、もっとしっかりしなくてはと(笑)。

    2008年1月号 JRA3000勝達成記念 "レースが楽しい"それが僕の原動力

  • いまから1カ月ぐらい前にこの馬に乗り始めて、毎日攻め馬してきたかいがありましたね(笑)。

    1989年6月号 第99回天皇賞・春 イナリワン

  • はじめは早く天皇賞がこいと思っていたが、やはり前夜はアレコレ不安も襲ってきて…。

    1990年6月号 第101回天皇賞・春 スーパークリーク

  • 有馬記念から、ボクはずっと、この日を待っていたのです。

    1992年6月号 第105回天皇賞・春 メジロマックイーン

  • 海外というのは、人が馬をつれて行くのではなく、馬が我々をつれて行ってくれるものなんです。

    2006年6月号 ディープインパクトがつれて行っていってくれる夢の在処

  • この馬しか耐えられないペースになった。

    2017年6月号 GI INSIDE STORY キタサンブラック

  • 秋そして来年こそはと、大きな夢もふくらみました。悔いはありません。。

    1988年7月号 '88TOKYOクラシックロード コスモアンバー

  • 普通のレースなら、人気のない馬に乗るほうが気楽です。でもダービーは違う。一番人気の馬に乗ってターフに出たいです。

    1993年6月号  ダービーへ。武豊、新たなる挑戦 ナリタタイシン

  • この馬より速い脚を使う馬がこの世にいるわけがないことはわかっていたのに、体が勝手に動いてしまった。

    1998年8月号  ダービージョッキー武豊 スペシャルウィーク

  • ダービーを勝つためには、デビューから一本の線でつなぐような真っ直ぐな道をひいてやらなければならない。

    1999年12月号  「三強」それぞれの菊花賞 アドマイヤベガ

  • 大先輩たちができなかったことができてうれしい。

    2002年7月号  第69回日本ダービー タニノギムレット

  • 素晴らしい馬だなあ、と感動しながら追いました。こんな経験も初めてです。何か、人の心に訴えるものを持った馬ですよね。

    2005年7月号  ダービージョッキーインタビュー ディープインパクト

  • ぼくは日本ダービーのふた桁勝利を目指します。

    2013年7月号  [優勝騎手インタビュー] キズナ

  • きょうの勝ち方で去年いろいろ苦しめられた訳が分かりました。

    1990年7月号  第40回安田記念 オグリキャップ

  • 今日のレースに限っては、日本のどの馬が出てきても負けなかったと思います。

    1998年7月号  第34回金鯱賞 サイレンススズカ

  • あと1、2年したら、絶対海外の人が日本に馬を買いに来ますよ。高いですけどね(笑)。

    1994年1月号  武豊「ぼくが海外にこだわる理由」

  • いつかはこっちの馬でジャパンCに出て勝つことができれば、めちゃカッコエエやろなぁと思うんです。

    2000年8月号  2000年春の主役たちに聞く”インタビュー・スペシャル”

  • 『どうだ、日本の競馬はすごいだろ』という気持ちはありますよ。

    2017年2月号  スペシャルインタビュー 30年目に感じた誇り。

  • 長年の夢がかなって嬉しいと同時に、今後に向けての大きな自信になりました。

    1994年10月号  海外レース・リポート 武豊、ついに海外GIレースを制覇!

  • たった2分のレースのために鞍とムチを鞄に入れて飛行機を乗り継いで移動することがジョッキーとして誇らしく思えました。

    2017年2月号  スペシャルインタビュー 30年目に感じた誇り。

  • 日本の調教師やオーナーももっと日本の騎手を信頼してほしいですね。ジョッキー自身も自信を持ってほしい。

    2001年7月号  欧州競馬の魅力

  • これからも勝てるチャンスがあればどこにでも行きたい。

    1996年10月号  第31回関屋記念

  • いい馬に巡り合えたので、どうしてもきょう(全10場重賞制覇を)決めたいと思っていました。

    1997年9月号  第29回函館3歳S

  • 馬が人間を信頼しきっているという感じがします。

    1990年11月号  ジョッキー・トピックス この夏、ヨーロッパ、アメリカ遠征 武豊騎手

  • アタマのいい馬は、乗り手の意思をすばやくつかむ。無駄がないんです。

    1991年3月号  武豊と三強の時代

  • 騎手はあまり自己主張が強くない方がいいと思います。

    1997年6月号  やさしい馬学

  • 皆さんで位置取りまで決めてくれてるようなんですが、それ(位置取り)はスタートしてみないと分からないですよ。

    1999年6月号  第119回天皇賞・春 明暗を分けた“三強”への信頼感

  • 乗っていて一番気にしているのはそれですね。馬はいったい今どう思っているんだろう、と。

    2013年1月号  〔新春トップアスリート対談〕武豊×太田雄貴

  • 『挑戦』と表現するのは、自分たちのほうが下にいる、という感覚があるからなんでしょうね。

    2006年10月号  ディープで臨める喜びと静かなる自身

  • すべてが唐突に起こったわけではないんですよね。自然とここにむかってきたような気がします。

    2006年10月号  ディープで臨める喜びと静かなる自身

  • 凱旋門賞は、いつか勝ちたいと思っているレースの一つですが、いま勝たなければもうチャンスはない、とも思いません。

    2008年10月号  武豊騎手、自身4度目のチャレンジへ 日本の第一人者、静かに燃ゆ

  • 凱旋門賞の難しさとういより、競馬に勝つことの難しさをあらためて思い知らされましたね。

    2013年10月号  ダービー馬と世界最高峰の舞台へ

  • すべてのレースにチャンスがあって、全員の騎手に凱旋門賞を勝てる可能性があるわけです。

    2017年2月号  スペシャルインタビュー 30年目に感じた誇り。

  • 子供の時から府中の大レースを勝つのが夢。それをこの馬で叶えられたんだから、もう最高ですよ。

    1989年12月号  第100回天皇賞・秋 スーパークリーク

  • このレースが欲しかったタイトルだったことさえも、意識の深い所に忘れていた。

    2000年1月号  第19回ジャパンC スペシャルウィーク&武豊騎手

  • 最後はサイレンススズカが押してくれたような気がします。1周忌にいい報告ができました。

    1999年12月号  第120回天皇賞(秋) スペシャルウィーク

  • 判定結果を待つ間は、生きた心地がしませんでした。ずっと祈っていました。

    2008年12月号  第138回天皇賞(秋)詳報 [勝利騎手ドキュメント]武豊

  • ファン以上にとてもつらい思いをしてきたので、やはり、このレースにかける思いというのは普通ではなかったですね。

    2007年1月号  第26回ジャパンC ディープインパクト

  • 僕の場合、競馬に乗っていること自体が好きで、つまりは競馬そのものを仕事だとは思っていないんですよね。

    2003年10月号 「この人に聞きたい」スペシャル<武豊騎手への質問>

  • 騎乗でも、生活でも、本当の自分を見せたくはないんです。

    1987年12月号 JOCKEY ZOOM UP

  • いまも、騎乗数が多いのがいちばんうれしいです。

    1991年9月号 小倉で武豊騎手 スピード記録で500勝達成

  • 本当に騎手になろうと思って、乗り始めたのではないんです。ただ乗馬がしたかっただけです。

    1993年6月号 ダービーへ。武豊、新たなる挑戦

  • いまは”いい仕事がしたい”って気持ちが強くなっています。

    2008年1月号 JRA3000勝達成記念 優駿ロングインタビュー

  • 急に新しいことをやろうとしているわけじゃないんです。言ってみれば、今までやってきたことの発展型ですよね。

    2000年5月号 武豊騎手、米国競馬に本格参戦

  • 普段の生活や物事の考え方は『レースで勝つためにどうすることがベストか?』というのがすべての基準。

    2017年2月号  スペシャルインタビュー 30年目に感じた誇り。